アクセスランキング ブログパーツ
プロフィール

Author:リノレレ
お気に入りのやる夫AAスレを
まとめています。

ご要望・不都合等ございましたら
メールフォームにてご連絡ください。

twitterにて更新情報等を
つぶやいております
フォローしてくださるとうれしいです

サイト内検索
カスタム検索
カテゴリ
スポンサードリンク
最新コメント
最新トラックバック
リンク
Amazon
人気ページランキング
逆アクセスランキング
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブログランキング

FC2Blog Ranking

カウンター

カウンター(ユニーク)

カウンター(トータル)

誠の太閤立志伝 <番外4 Revenger>

81 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/09/14(日) 08:08:42 ID:1L64Vbq.0

宍戸元続といえば蔚山倭城の普請を担当していて緒戦で蹴散らされた人?
清正や幸長と籠城してたんだっけ?



82 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/09/14(日) 20:25:09 ID:O3j7vvnI0

>>81
そう。
後付け加えるならば、弟・内藤元盛を佐野道可に変名させ、大阪城に送り込んだ佐野道可事件の首謀者の一人。



83 名前: ◆fFI82Sjg3c[] 投稿日:2014/09/14(日) 22:48:28 ID:FsRviRgM0


>>81-82 前作的には、やる夫の義兄。

これから番外で短いのを1本、投下します。




84 名前: ◆fFI82Sjg3c[] 投稿日:2014/09/14(日) 22:49:22 ID:FsRviRgM0


<番外4 Revenger>


天正14(1586)年10月27日、
徳川家康は大坂城にて豊臣秀吉に謁見し、居並ぶ諸侯の前で臣従の意を表明する。



       _x-‐‐‐v‐‐‐‐z_
     ノィ          Xヽ
     /      ,       \
   ∠イ   <l / \ l>   ヽ.ニゝ
    / イ|/\.ヽ、 _//)ヽ! ヽ       この俺が殿下に従ったからには
    /イ .| 〈 ̄。`ミl l〃。 ̄》 .| .ト|
     |,=| ` ̄´"|.|ヾ ̄´).|=、!        二度と殿下に陣羽織を着せることはありません!
     ||(|     /!ヽ┘  .| |.)||
     |=ヘ. rェェエエェェァノ/=''|
     l| .ト、 \___///|   |     /\/ヽ
    ノ| .| l\   く7 /,イ |  N___ /  /  |
   _厂| | .|  \" / ノ( ̄"_/`ー、    |
_,-‐'/  .| | .|   ヽ' / .ノ >'´_,. \ ./ハ._,.-‐く
  /  ./∧!.!     /  r'´ ̄ヽ   ヽ. |    \
/  ノイ  !‐-、 ./  /{ヽ   ヽ    |i/
_,. -‐‐-、!  |‐‐‐-'--‐|  {  \   |i_,:'/
     |  .|    / \冫____|i,. -‐'/      ← 徳川家康 45歳
     |  !   〈\/ 厂    /ノ〉




          _,,,..-.ー.─.-.-....、._
     二ヽ,,..::"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:..、
   /::::::::``:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::ヽ
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ:::::::::::ヾ:::::\:::::::::',
 /:::::::::::::::i:::::i!::::::::::::::::ヾ:::::,,∠,、_:::::\::::\:::::',
 i::::::::::::::::!:::::i i:::::::::l::::::::イ\\\:::::::::\:::\::',
 l:::::::i::::::::!::::i,,ゞ;::::::::i:::::::::l  >≧r、\::::::ヾ\_::>
 l::::::i!:::i::::l;/i ._,,\::::!、::::::l   辻ヾ〉 \:::ヾ)::::>
 i:::::ハ::::|::::l:::i〈`(ヘ\! \:',   ゞ-′  ラ∨/"´     おう! 期待しているぞ!
  l:::i l:::|::::lヾ、 弋i;) ヽ  \      ┌::ソノ
  ∨ l::::l::::l:::\ "           ヘ::::/
     \|\!\  ′          ∨
      ヾ ヾ 、    ー ´   ,   ゝ、
          `  、      , ′  /  \_
              ` ー <  /´    /::::: ̄`ー-
               _ノ´∧_∧    /::::::::::::::::::::::
          :::::´ ̄/ /〈::ヾ∧    /:::::::::::::::::::::   ← 豊臣秀吉 50歳
          :::::::/  / ノ::::〈 ヽ  /::::::::::::::::::::


85 名前: ◆fFI82Sjg3c[] 投稿日:2014/09/14(日) 22:50:31 ID:FsRviRgM0


その日の夜……。



       /::::::::::::/::::::::::::/:::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::',:::',
       /:::::::::::/:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::!::::i
        ,'::::::::::::/:::::::::::::/::::::::::/::::::::::::|:::::::::::::i:::::::::i::::l
      l:::::::::::/:::i:::::::::/_::/|::::::::|::::::::|:::::::::::::l:::::::::l::::l
       i:::::::::/:::/::::::丁:::/ ̄i::::::::l:::ー∧一:::::::|!:::::::|'リ
     _ノ::::┌i:::/::::::/斤心ヘ i:::::::::i::::メ≦i::::::::::::i:!::::::!     中納言殿 昼間は
    >:::::{ レ' |:::::7レ升::} /:::/|:/辻:}l::::::::::ハ:::::!
   _,>::::::::i ヘ|:::/ ゞ‐" //  ′ゞ‐' l:::l:::/  ∨      おかしな芝居をさせて悪かったな
     ̄` ̄`\:|:/       ′   、   ∧!/
          \|\   ___  __   /  ′         感謝してるぜ
          _{i     ヽ _ ノ  /
         // `\  > _ イ
      _,、-;'´;;;i     `ー 、, _ノ iヽ、
  _,、-;;"´;;;;;;;;/;;;;;l      /ヘ l;;;;;ヘー,,、
'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;ヽ    /::::::::∨;;;;;;;;ヘ;;;;;`';;;;;;;、_




  , -─                \
∠.-─;:-    , ,ハ           ヽ
  /     ,.イ./|./ ヽ. L、ト、        .|
. / ,イ   /‐K」!'  :iゝl-ゝ!'\i、    |
 レ' .! ,イ ,イ===。、: _"===。=:l. r‐ 、  !
   |/ l/ l:::ー-/ ´ `ー-‐,,´ | Fヽ ! |          いえいえ 芝居だなんて
       !/ __-,  -‐''"  | Lソ/  !
      `T、--;‐=;===ニヲ  l└ ' 、 ヽ         あれは俺の本心ですから!
      /! `'ー-'---‐ '´ /i    l \\
      / _ヽ  ー一 . /  !   /  |`ーゝ、
    ,.∠-‐'' | ヽ.    /   i   ,/    |
  ̄       /.|  ヽ;:イ     ノ  /' l   |
       /  !   ト、._   /  /  !   |



86 名前: ◆fFI82Sjg3c[] 投稿日:2014/09/14(日) 22:52:06 ID:FsRviRgM0


.  .:.:/|.:.:/.:.:/ :/:/:.∧:.:.:. |.:.:.:::| \:.:.:.:.\.:.:.:.:.:∧ヽ::::::::l
  |:/ :|! :.:.:.:|:.:.|:i⌒ヽ、V .:|.:.:.:::| 、__,,斗<⌒ .:.: |: ∨\:::'.,
  |′:|!.:i.:ハ|:.:.|:!:.刈「ミV:ヘ:.:.:.:',  ィ斥::Ⅵ:.∧:. |ヘ:::ト、:::\ヽ、、     そうか ありがとうな
.     !:.:|′|:.:从:j 比:::Ⅳヽ:.:.:.',  比:::::Ⅳ:.∧:|:∧j |::::::::ぐ ̄`
     V|  Ⅵ:.Ⅵ 弋zリ \ \', _戈zソ ∨ /:|そレ':::::::≪´ ̄     ……それにしても
.     \ ∨Ⅵ        ヽ     ∨: ;_ノ/´ ̄`ヾ
          ヽハ   <            /ヘ:/"´            お前のところには 本多 榊原 井伊 鳥居 大久保と
           ヽ   ー_ 一    /  |′
             \        .   /ヘ              優秀な家臣が揃っているな  うらやましい限りだぜ
                 丶 __   ´  .  ´   }、、
             / ::|\   .  ´      j::::: ト、、
             //:::::::|  〉く         ,::::::: |:::::::`::... 、




        -=ニ" ̄"''‐-‐''" ̄"ニ=-
       ∠´           `ニ=-
        /              `ヽ,
       /                  !
      i                      .i
     .|         /| |:| ト,ヽ       |
     |.    ノ  メ: リ:|.| |ノ`>      |
     |.    /リメ, .\ リ / ,.ヘ!ゞ,    |
     .|   ./    \|  |/   ヽ   |
      i⌒| | ==o=-  .-=o== | |⌒i
      | G| | ヽ . __ ノ | | ゝ __ ./ | |∂|        はい! あの者たちは 俺の宝ですっ!!
     ,.ゝ,_.|.|      | |    / |.|_,ノヽ,
    /   ||     ヽ!_レ  ./  リ    ヽ
---‐‐''7|   ヽ. ==========ヲ /   | ̄""''''‐‐--
--‐‐''7 .レ|   | ヽ `-ニニニニニ-'´ /.|  .N""''''‐‐----
   /   レ|  |  ヽ.  ≡≡  ./ |  | |
  ./    .|  |.   \    /   |  |  .|
  /  _,,  .|  |    \ /    .|.  |   |
. /_,,-''" \ .|  |\  j      /|  レ‐、 |
. "      ".レN\`'‐-------‐'´/リN  ヽ |



87 名前: ◆fFI82Sjg3c[] 投稿日:2014/09/14(日) 22:52:39 ID:FsRviRgM0


:::::::i::::::::::i::::::::::::::::i:::::::::::,'、==ミ::::::l::::::::::::::::::彡=ゞ、::::::::i::::::::::::',:::::::',:::i
:::::::l::::::::::l:::::::::::::::::l:::,/    ',:::::::::!::::::::::::::::::::l  ',`"ヾソ;::::::::::::i:::::::::',:!
:::::::!::::::::::!:::::::::::::::メ´::/     ',:::::::l;:::::::::::::::::::i   ',:::::::/ ヾ;::::::::l::::::::::',
::::ハ:::::::::ハ::::::::::::::,' ';:;' _,,,、、,,,_ ヽ':,::::lヾ;::::::::::::::!_,,,、、,,',::/   ';:::::::!::ヾ;:::i
::;' !:::::,'::::l::::::::::::i 彡""´`゙゙゙`゙'' '.;:! \:::::::ヾ"´``ヾミr、  〉::::ハ:::::入ゝ
/  i::::i',:::::!::::::::::ト `"        ヽ  \:::      `´ /ヾ:::) //
   ',::i ',:::::';::::::∧ ::::::::::::::::::::::        ヽ::::::::::::::::::::::,'ソ:ソ',ソ::::::>
   ヽ ':,:::';::::iヘ', :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:    、     :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,///ヾ<      そうか そうか……
       ∨∨\                     ,ソ::::!/""´´
           ',     `∀ ̄ ̄ ̄ ̄∀´       /へ;:::|        で その宝のうちでな……
            ヽ     ',         ,'      , '   ヾ
            ` 、   ',      ,'     , ´
               > 、 ',     ,'_  <く__
            <:.:.:.:.:.:| >二 二< |:.:.:.:.:.:.\
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\



88 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/09/14(日) 22:52:59 ID:tT./uNLA0

少し前の大河でもこのシーンあったな



89 名前: ◆fFI82Sjg3c[] 投稿日:2014/09/14(日) 22:54:27 ID:FsRviRgM0


              ̄ヽ、
          _ ,-─ 、,〉ゝ--::... 、
        ,..::´:::::ヽ:::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::`\_
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
     , ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    /:::./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   ,/::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.l
    l::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
    |/|:::::::::::::/:::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
    |::::::::::::::::::::::::_:::/ l:::::::::::::::::::|\:::::::::::::::::::::::::::l:::::::::|     河合善右衛門という三河者がいるだろ?
    |:::::::::::::::::::::::::/≧、 l::::::::::::::::::|  \斗::::::::::::::::l:::::::::l
    |:::::::::|:::::::::/l::/イ⌒゙`メ::::::|\::lィ千代`:::::|:::::::::l:::::l〉リ     俺は そいつと旧知でな
    |::::::::/|:: / リ弋、 _ノl ヽ|  ヽレ; __ソ l j|人:::::::l:::::|
.    |::::/ |:::fzll ^ー‐'´     ^ ‐-'´ jlノ:::::l::l::て      どうだろうか?
     |/  ヽ.:::|ヘ              /ィ<"j メ_/
         ゝ;八      ;      /イ            一度 会わせてはもらえないか?
           x > 、   ー ー    イゝ:::`>-、
         〆::::;//ハ` 、     <´/  l):::}:::::::::::::::` 、
        //::::://  \  `‘´   /  /::::7::::::::::::::::::::ハ::l
       ノ::::/::::::《〈 ヽ/ヘヽ    /  /::::/::::::::::::::::::::::/::




          ,. -‐- 、r'´  ̄ ~Z.__
       ∠             ´   ,.>
.     /                 ̄`>
     /           ,、      `\
.    !             / \    \. トゝ
   │       , ,.イ /、._,  ヽ |ゝ、  N
.    |      /レ' レ\,/  /V '´ l\!
     |. r;=、 .ノ===== ,, ,/===!  ━━┓┃┃
    | |.ト、| |  ` ー--‐ "  \ーァ"!     ┃   ━━━━━━━━
    | l ヒ |:|.       r __   \l      ┃               ┃┃┃
     |  `ー 1|、      ‘-,,'   ≦ 三        。             ┛
    ノ     | \     ゝ'゚       ≦ 三 ゚。 ゚
.   /   ,ヘ、  ト、 \  ≧         三 ==-
  /  ./\.ヽ. ヽヽ、  -ァ,          ≧=- 。
  ,' , ./   \ヽ、ヽ \イレ,、         >三  。゚ ・ ゚
. /l/l/     |\\ヽ   ≦`Vヾ        ヾ ≧
/      _..⊥._ \`` 。゚ /。・イハ 、、     `ミ 。 ゚ 。 ・



確かに、河合善右衛門という男は家康の配下にいた。
この男にはひとつの伝説があった。



90 名前: ◆fFI82Sjg3c[] 投稿日:2014/09/14(日) 22:56:48 ID:FsRviRgM0


この頃より、もう何十年も昔の話である。
その日、善右衛門の田んぼでは、かねてから農民に整備させていた畦道が完成した。
出来栄えは見事なもので、善右衛門は非常に喜んだ。


 : : : : : : : :        `ー--,.:
     : : : : : 、: .      : : ゙ヽ、
        丶.-、: .        `'、:::.. ... ..
      ::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:゙゙゙゙'''''''‐- 、 ,,,,,__:::.
::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:`゙''ー-       _,,.--ー''''''"゙
''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''"""''""''''"" ゙゙̄"'''''―-
''"''''"""''"""'''''"""''""''""",,,,-‐'゛'''''"""''""''''""''"''''""''"""'''''"""''""゙''、,,"'''''―--'''""''"''''"""''"""''''
:::::::....::::::........ . .::::::... .,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛:::::::....::::::........ . .::::::... ...         ゙''、,,:::::::....::::::........ . .::::::... ..
         ,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛        :::::... ...                ``'‐.
"''"""'''''"""''""''"""'''''"""''""''''"''"'"''"' ::::::::::::....::::::........ . .::::::... .... ..::::::::::::::::....::::::....... . .::::::... ....:::::::::
"''"''''"""''"""'''''"""''""            "''"''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""''''
.. . .::::::... .... ..::::::::::::::::....::::::........ . .:::: .::::  .. .. . ... .::::.. . . .:: : :.. . ... ::: :::.. ... .. .. . ... ... ..: .. .
''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''"''"""'''''"""''""''''""''"''''
:::....::::::........ . .::::::... .... ..:::::::::::从 MwM 从 MwMmw M从 MwM 从 MwMmw MwM''"""'''''"""''""''''""''"''''""
从 MwM 从 MwMmwMwM 从WYWノM MWYMWノWYWノMノMYWWYWノM MWYMWノWYWノMノMY
:::::::....::::::........ . .::::::... ..... .. . ... .::::.. . . .:: : :.. . ... ::: :::.. ... ..


     _____    ♪
   /.::::::::::::::::::::::::::.ヽ
    |.:::::::::γ⌒Y⌒ヽ::.|   ♪
    |::::::::/ ⌒  ⌒ |
   |:::::::〉 ( ●) (●)|
   (@ ::::⌒(__人__)⌒)    うん うん 良く出来た 良く出来た
    |     |r┬-|  |
    \    `ー'´ /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |  ← 河合善右衛門
    >   ヽ. ハ  |   ||



91 名前: ◆fFI82Sjg3c[] 投稿日:2014/09/14(日) 22:57:50 ID:FsRviRgM0


ところが、その完成初日に、
見知らぬ他所者の少年が田んぼで泥鰌をすくおうとして、
せっかく出来た畦を踏み崩してしまった。



 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 i:::::ハ::::|::::l:::i〈`:::::::::::! \:',:::::::::::::::::::::::::ラ∨/"´
  l:::i l:::|::::lヾ、::::::::::::::ヽ  \::::::::::::::::::┌::ソノ
  ∨ l::::l::::l:::\            u ヘ::::/
     \|\!\  ′          ∨       あ…… しまった
      ヾ ヾ 、    ‐-    ,   ゝ、
          `  、      , ′  /  \_
              ` ー <  /´    /::::: ̄`ー-
               _ノ´∧_∧    /::::::::::::::::::::::
          :::::´ ̄/ /〈::ヾ∧    /:::::::::::::::::::::
          :::::::/  / ノ::::〈 ヽ  /::::::::::::::::::::



92 名前: ◆fFI82Sjg3c[] 投稿日:2014/09/14(日) 22:58:42 ID:FsRviRgM0


 \                            /
 <  このガキッ! なんてことしやがるっ!!  >
 <                            >
 /∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\
               i!i||!!
              i!i!:;:;!i:;:;!i!|!|
            !i!|i|!i    i |!i|!|i!
          i!i!i!!!||        !i!|i|!i|!,,,
         i!i!;;;  _____   ;:;:;:;!i!|
        !|i  /.::::::::::::::::::::::::::::.:ヽ  ;;;::||i!
       !i|   |.::::::::γ⌒ Y ⌒ヽ:::|   ;;;;;i|
         i    |:::::::/ .u_ノ  ヽ. |:|    ;;i!i
     !!!!i     |:::::〉 ((●)) ((●))|     !i!|
     !i!     (@  ⌒(__人__)⌒ )     !i
    !i!;;!!     |  ヽ |!il|!|!| / .|     !i |!|i!
    i!ii!!      \.u  |ェェェ|  /      !i!;;!!
    i! !i      /         \      i!ii!!
     !i!;;!!  (<<<)        (>>>)  !i |!|i!
      i!ii!!  |、 i、       ,i  /  !i!| i|!
      !!!;;;;  ヽ_/       ヽ__/   !i!i!
       i!iii;;;;;   |           |    !i!|



激怒した善右衛門は家僕と共に少年を袋叩きのボコボコにド突き回した。



   ノ 7   (   」   ―┐ll (      <  _|_  (
  : /     >  )  ―┘  て   _、, ゚ 。 }  ノ 」   Z,
 : ‐┐ll  (  ,, 、Z   ー    {  _哲j_  ノ  ─ァ   /
  ┃ ノヽ   \Lく,f )   二.、  ( / ;lーl ` )  /ヽ  {
 ・  っ  /´ / )∠_   っ  「 C 」| | l Z   っ  (
       ( l / ,イ  /.‐y-、 /⌒/~ ̄`-ヘイフ 'ァ-;__r⌒
⌒Y⌒Y´ ̄` | | | {        ′_/ /  ̄ l |
        L└ミ ト、   从  \ /    l l   __     __
         l | `ヽ \  ノ⌒⌒\ て  〉 〉  | |_[][]┌‐'└┐ oo, 、
        / /    \/`つ  人 Vヽ └'   | ┌┘  ̄|_「Ll  く/
       /_/    /f ヨ Eヽ〈  ー'^┘      ̄
      〈_ノ       l'_/盂ハ_ソ
         /   ,. '´



93 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/09/14(日) 23:00:00 ID:rRXHZj6A0

ああ、そうか
お隣だもんなw



94 名前: ◆fFI82Sjg3c[] 投稿日:2014/09/14(日) 23:01:20 ID:FsRviRgM0


少年は泣きながら、ほうほうの態で逃げていった。



       .    /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
           /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : : : : : ヽ
      .    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
         /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   ⊂     |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:| ⊃
         |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
   ⊂    < : 」_: : / 〈  {} |/  レ  {} }|:./ヽ: : |   ⊃
        <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|
         厶ヘ ハ   ( (    、  ) )  {ハ/ V     ひ~ すんませ~ん
            \_!   ) ) _ ' ( (   !
              ヽ  ( ( /   `t ) ) /         勘弁してくださ~い
               \  {    / /
                  ヽ `_⌒ ィ ´
                 ⊂    ⊃
                  ( ヽノ
                  ノ>ノ
              三  レレ



この少年の名は日吉、尾張国中村郷から放浪中の若き日の秀吉である。



95 名前: ◆fFI82Sjg3c[] 投稿日:2014/09/14(日) 23:02:41 ID:FsRviRgM0

 
`―――───―――――○―――――───――――’
                   O
         _____  o
       /.::::::::::::::::::::::::::.:ヽ
        |.::::γ⌒ Y ⌒ヽ::::::|     いやあ
        |::::/ ⌒  ⌒  |:::|  
       |:::〉 (●) (●) 〈:::|     あの時の秀吉の泣き顔
       (@ ⌒(__人__)⌒ @)
        |   |r┬-|   |      みんなにも見せてやりたかったですね
        \  `ー'´  /
    ,,.....イ.ヽヽ、___ーーノ゙-、.
    :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
        |  \/゙(__)\,|  i |
        >   ヽ. ハ  |   ||



この酒の席の度に聞かされた善右衛門の武勇伝を知らないものは、
徳川家中にいなかった。



96 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/09/14(日) 23:03:27 ID:rRXHZj6A0

武勇伝っていうか、当時はただの小僧だろうw



97 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/09/14(日) 23:04:04 ID:tT./uNLA0

当時起きたのはともかく、吹聴するのは……いや、敵対してたし仕方ないか



98 名前: ◆fFI82Sjg3c[] 投稿日:2014/09/14(日) 23:04:29 ID:FsRviRgM0


その善右衛門に会わせろという秀吉の要請に家康は恐怖した。



        / /|        /|   |ヽ      ヽ,ヽ,   |
.       // .|        <l./u |  レ'      ヽ,ヽ,  |
      〃   |  / / ,.へ |!  >  _、へ |\     ヽ,ヽ,|
.          | /| ./!イ==`、  iレ´==== ヽ    ヽ,ヽ,
.           | / レ  ト、_。_)  (      ,、 | |⌒i  iヽ,\
、_          レ    /|  ̄/.|j~ `.=°=´   | |つ.|  ゝ.\.\
、_`'-、_         / .レ´    u u _ ,、-'´  .| |ノ/   ヽ \ \   う…… う…… わ……
 `' -、,`' -、/`7―-/ r'__   __ `  ̄    |j~ ||ノ.      \ \ \
     `'ァ、\/―- 、 __| f========ニ`i   /|       |\ \ \ .\
     /  \ \       | |          }  / |       | / ̄ "'' ‐-\ .\
    i.   / \.\   / ||- ―‐-r――‐-/ / レ     N ̄ "'' ―‐ --\
.    |   /   \.\〃! |` ――' -----'/    |      |
    |        \.\| .| u==  ,、- '´  u ./|     |
    |           \ \l_ ,.、- ' ´         /| |.    N
    |            | |\ \        |j~  / | レ   |
    |         | レ |\ \       / |   |   |
    |.         | | |  \ \  u  /  |   |   |



人は自尊心が正しく確立されてからの屈辱には結構耐えられるものだ。
だが、子ども時代の屈辱、むき出しの魂につけられた傷はいつまでも癒えることがない。
そのことを家康は自分自身の体験として知っていた。



99 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/09/14(日) 23:05:23 ID:XzcLmz4k0

孕石さんには酷いことしたよね…



100 名前: ◆fFI82Sjg3c[] 投稿日:2014/09/14(日) 23:05:36 ID:FsRviRgM0


家康は幼少時は織田家、9歳以降は今川家で人質として養育されてきた。



                    __
                ,. ´   `ヽ.
        / ̄`ヽ  /  , ‐ 、 , ‐'.    おまえさん 詩歌や蹴鞠みたいな
     /, ⌒ヽ i |  `⌒  ⌒i
      { { 、__ノ ,ノ |^v=「  ̄`H´ ̄}    文化面だけは全然ダメじゃのう
      い、 __ノ}:ーァ!  ヽ__ハ__,イ‐.、
     ,ゝ、  ,イ.:|{`┐ ,. -‐~ー〈:.:. :.\           _
    /. .:.:.`i_}.: :ヽ`ーV : : :, へ.:.::',:.:. :. :.ヽ,       _.. --ゝ `ヽ'´ ̄¨Z_
  / . : .:.:./´ _}ヽ : `!7 : /.:.::::,ハ.::}.:.:',:.l.:. :.',      >             \
 / :, -‐ァ´|  _」丿: : !{/iヽ.:.::/: :l/.:.:.:l/.:. : :′   ∠.._     ,       i
./ :/.:.:.:/ / 、 ―j.:. .: .:i―┼‐∨.:. .:. .:.:.:l:. : : : :i     /   ,.ィ./uヽ,iゝ      |
|: : .:.:.:.i | ,l ̄l:.:. .: .:|__|__|:. :. :. .:.:.:|:. : : : :|    /イ  ィ,ヘ'i ヒ'.へ「\.  │
|: : .:.:.:.l  l/ |  |.:. .: .:|   |   |:. :. :. .:.:.:|:. : : .:/     レ|/lた・ラ :ヽ二’フ:|∩ |    すんません 本当に
.\: .:.:.:\ \,.|  l.:. .: .:!__!__!:. :. :. .:.:.:!: : /    .     l/ _┐ v/u ||9| l
  `ー―→一'|  l:. .: .:|   |   |:. :. :. .:.:.:|/          `i.r====ニヽ |レ'  l    向いてないんだと思います
      /: .:.:.:.|  |: .: :,'―┼―',:. :. : : : :',            i‘ー── '´/   i
     .〈: .:.:.:.:.:l  |: .: '  ∧  ',:. :. : : : :〉           ,ハ.  ̄ v / ,/!  ヽ
      丶、.:.:l  l: /  /:::::',  ',:.:. .:./            フ ヽ. / ,∠ -‐l   ヽ
         丶i  l/  / ::::::::',   ,/             ーz'ノ Z イ    ヽト、 i 、i
                                      / ,. -‐ .、  }ハ}ヽ|
         ↑ 太原雪斎                         l /     \     |



今川家時代の家康少年は太原雪斎の教えを授かるなどそれなりに優遇はされた。



101 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/09/14(日) 23:05:37 ID:kS/ZHagI0

はらみいしさんがうなずいています



102 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/09/14(日) 23:05:49 ID:rRXHZj6A0

これはきまずいw



103 名前: ◆fFI82Sjg3c[] 投稿日:2014/09/14(日) 23:07:38 ID:FsRviRgM0


しかし、それでも人質である家康に対する今川家家臣の目はなかなか冷たかった。



                        / ̄⌒i⌒ ̄\
 `゛iiii;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,        _/  ノ   | ┐ゝ ヘ_        ,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;iiii"´
        ''''''!!!!!||||||||||||||||||/ /   ┘ (__|  )(  (` ヘ|||||||||||||||||||!!!!!'''''
            ''''''''!!!!!/     ⌒   |/へ< ⌒  `iI!!!!!''''''''
               ヽ_  へ <_ ヘ|  ノ <  _/
                   !、 ヾ  ソ⌒| ノへ ( ,.!´
                  ┌.| }   ) /| ⌒ ( { /┐       ケッ 
                 | 6| ←--。、_|_, 。--‐≠|6 |
                 └、ト `='´ |ゝ`=´_,-',┘        三河の小せがれは大概な奴だな
                   /`i、 「=====コ`i/ヘ
ー-----___        // ヽ `、!三三///  \          ___
|   |    | ̄ ̄7ー7⌒/´    ヾ `ー'´/     `i⌒ヽー、 ̄ ̄|    |
ー_ |    |   |  ヽ ゝー──---、_/----──ノ  ノ  |   |    |  ← 孕石主水




      /.:.:.:.::::::::::::::::::::::::.:::.:.:.\
     /,.:::::.:.:::∧::ト:::::::::::::::::::::.:.ヽ
     ´ /.:..:;イ::/: l::!ハ:∧:::::::::::::::::|
      /::イく`く   ,斗匕xヘ:::::::::::::|
.       ´/|==`ei i!===e==:::|:rx::::::|
.       |`ーァ':::: `ー ' u:|:|n|:::::l
       !/.::::__, u   .:::::|:|り::::::l    …………
       └'に二..つ .::::,.:イ: :::::::::::l
         ',  ━  .:::/.:/::::::::::::::::l
.        ∧  .:::/ .:/:::::::::/\:::l
.         /.:.::ヽ.:ィ゙_,, ィ/:::::::// >l
.      イ.:.::::xf='´  /::::// /::`
      /.::://| _,.=7:// /::::::::



家康も多くは語らず、後には周囲の者もはばかったため詳細は不明だが、
特に、あてがわれた屋敷の隣に住む孕石主水なる男から、
家康はかなりの屈辱を喰わされたという。



104 名前: ◆fFI82Sjg3c[] 投稿日:2014/09/14(日) 23:08:33 ID:FsRviRgM0


時は巡り、今川家の滅亡後、武田家に仕えた主水だが、その武田家も落日の時を迎えた。



  , -─                \
∠.-─;:-    , ,ハ           ヽ  武田家の者ならウェルカムだ
  /     ,.イ./|./ ヽ. L、ト、        .|
. / ,イ   /‐K」!'  :iゝl-ゝ!'\i、    |   ぜひ俺の甲信経営に協力してくれ
 レ' .! ,イ ,イ===。、: _"===。=:l. r‐ 、  !
   |/ l/ l:::ー-/ ´ `ー-‐,,´ | Fヽ ! |                  ゚・ *:  : *・
       !/ __-,  -‐''"  | Lソ/  !              *・ ゜゚・ * :  .。. .。.:  *゜
      `T、--;‐=;===ニヲ  l└ ' 、 ヽ          * ・゜ ゚・ *: . .。.: *・ ゜゚  ・ *  :..
      /! `'ー-'---‐ '´ /i    l \\       。. ・ ・*:.。 ∧,,∧  .∧,,∧   .:* ・゜
      / _ヽ  ー一 . /  !   /  |`ーゝ、       ∧∧(´・ω・`)(´・ω・`)∧∧
    ,.∠-‐'' | ヽ.    /   i   ,/    |         (´・ω・`).∧∧) (∧∧(´・ω・`)   よろしくお願いしま~す
  ̄       /.|  ヽ;:イ     ノ  /' l   |          | U (´・ω・`)(´・ω・`) と ノ
       /  !   ト、._   /  /  !   |           u-u (l    ) (    ノ u-u
                                        `u-u' `u-u'



家康は勢力拡大の際、敵対していた今川家、武田家の旧臣を積極的に登用していった。



105 名前: ◆fFI82Sjg3c[] 投稿日:2014/09/14(日) 23:09:46 ID:FsRviRgM0


だが、たったひとり、主水だけは別だった。



       .、-―-..,,_  /:: ̄;;Z
        ゙>::::::::::::V::::::::''"::::;;;;>
      ∠;;;:::::::: .:::::::::::::::.... :::::::\
      /:::::  ::::::::::::::::::::::  ::::::\ゝ ....\
     〃:::::::::  ::::::::::::::::::::  ::::::::::::ヽ .....<  て てめえっ! 駿府時代に
     /:::::::::::::::........::;:;;::::::::::::::::::::::::::::i   <
     |:::::::::::::::::::/!:/ ヽヽ:::::::::::::::::::::| ....<  俺にやったこと 言ったこと!
      レ!::::::::::::::/V/ ij' ヽヾ:::ヘ;::::::::::! ....<
       」::::/|/>、゙':.、 /;:ヘヽ\;:r''、  <  忘れたとは言わせねえぞっ!!
     i r.i:|ヽ"''‐、ヽ、! .i/ ‐''゙゙゙7|:ヒ'i }  <
.     ヽ'ニi:iヾ、 o\i i< o  ノ' i:ヒ7/ ..../∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\
      ヘ,,_|! ゙'=u='"'|.| ゙=u=" /|!_,/-、
   ,, ‐''" |:::ヘ u   , .|.| 、 .,,//::::!.  ゙''‐ 、..
    ,.┼/!:::::ヘ.iエェ.ヽ!.レ'‐rエi/::::::! ヽ‐- ,,_
   i┼i‐|/‐!:::::::ヘrェェェェェェェノ::::::::!‐| ヽ┼i┼i
   i┼i /‐i‐!;:::::| \ ‐=‐ ./.}:::::::!.i┼i.ヽ‐i┼i
   i┼/.|‐i‐ .!::::|  \_,/  /::::/‐i┼i‐ヽ.i┼i
  .i‐|/.┼i┼ |ヘ|ヽ,,___,,/|W .|‐i┼i┼ヽ..‐i



天正9(1581)年、武田方の高天神城を攻略した時、
生け捕りにされた主水に対して、家康は思う存分に罵倒した後、
切腹を申しつけた。



106 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/09/14(日) 23:10:29 ID:rRXHZj6A0

人間だもの、そういうこともあるよね



107 名前: ◆fFI82Sjg3c[] 投稿日:2014/09/14(日) 23:11:03 ID:FsRviRgM0


                        / ̄⌒i⌒ ̄\
 `゛iiii;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,        _/  ノ   | ┐ゝ ヘ_        ,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;iiii"´
        ''''''!!!!!||||||||||||||||||/ /   ┘ (__|  )(  (` ヘ|||||||||||||||||||!!!!!'''''
            ''''''''!!!!!/     ⌒   |/へ< ⌒  `iI!!!!!''''''''
               ヽ_  へ <_ ヘ|  ノ <  _/
                   !、 ヾ  ソ⌒| ノへ ( ,.!´
                  ┌.| }   ) /| ⌒ u( { /┐    これも因果……
                 | 6| ←--。、_|_, 。--‐≠|6 |
                 └、ト `='´ |ゝ`=´_,-',┘     巡り合わせってやつか……
                   /`i、 「=====コ`i/ヘ
  ----___        // ヽ `、!三三///  \          ___, ---
   |    | ̄ ̄7ー7⌒/´    ヾ `ー'´/     `i⌒ヽー、 ̄ ̄|    |
        |   |  ヽ ゝー──---、_/----──ノ  ノ  |   |



この時、主水はひと言も弁解せず、潔く腹を切って果てた。
死罪ではなく、切腹を許したところが、家康にギリギリで残った理性で、
それを主水も感じたのかもしれない。



108 名前: ◆fFI82Sjg3c[] 投稿日:2014/09/14(日) 23:12:38 ID:FsRviRgM0


なんにせよ、自分自身を顧みて、家康は秀吉の怒りを理解した。
もし善右衛門を秀吉に引き合わせた時、秀吉はいったいどうするのか。
そして、その時、はたして自分は家臣を守ることが出来るのか。



     / ,                           l
.    //        /l ,ヘ. ト、 ヽ、            l
.   // ,イ    /! / ul ! ゙、 |. ヽ、!ゝ、 !       |
    / .// /!  ./ l./.`‐、l  ヽ!. ‐'´, k'ヽト.、       .l
.   i ./ !/ l ,イ/. !' `‐、|!  I|_,. ‐'´ ヽ! ::::ヽ      ゝ
.    l./ .l' l' !' l=====〉 __ =======:| .|⌒i.   ヽ、
    !        l`‐.、.__゚/,::: ''' ヽ、 _゚__,.. ‐'´:::| |´ )}.    l、   う う う……
              !  :::/,:::::::::. jv  u    ,/:::|.|~)/     l、
          ノ! ,/,:::::::::::__::)  _,,.-‐"  u::||_ノ       i、
          / iー_____ ,,. -‐''フ::::/!     !゙!‐ 、._. ヽ、
          I_,. ‐'i`‐ 、.____,,. ‐'´:::/: │   │l   ` ‐-
    _,,. -‐'"´   ,.!  ___,,   u:::/::   !    ! i‐ 、._
   /i     _,,. -‐1 ヽv  ̄ ̄   :::/:::    !   i' .i   ` ‐-
  / .{_,,. -‐'"´     !  ヽ、   .::/:::    i'  / /
 /  !       , -‐-、 , -‐、i´~`ヽ     ./  ,イ./
/   l      ,.へ、/⌒ヽ、 `‐、  i   /  / /
    |    /‐-∠.__,、 `‐、 `i‐、-‐'"7/!'/
    .|  /´        `‐、  ゙i __,! `、-‐/"



だが、幸いなことに、家康に用意された回答はひとつしかなかった。



109 名前: ◆fFI82Sjg3c[] 投稿日:2014/09/14(日) 23:13:03 ID:FsRviRgM0


       ___  ,.-‐- 、
      >  `       ` 、
     ∠             ` 、
    /               ヽ
.   ./        /`ヽ         ヽ
  /, '   /|/|/   |. iヽ       ヽ
  ~./    /`- ._ u . | |_,| !ヽ      i
.    //| /== 。_!  !~,。 = 'ヽ. l^i  i
      ||` _ _ /  =,_ _ . '  | Fi  |
       ||  / u    u  u |.Pi  |    い いません……
       i||/   _ 丶  u   .||~   |
.      | ヽ`   ____....--、 / |   |
.      |  ヽ  ̄ ̄ ̄ ̄ /  |    |
      |   ヽ  #'  /    |   __|_____
     //__....../| ヽ_ ./  u  |   |┬ii.--
___....-- i.|~  / | /   u    |   | | ||
-- ~ ~ i.|   / | / >...___....-^ |    |  | |




.     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
     /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : : : : : ヽ
.    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : 」_: : / 〈  {} |/  レ  {} }|:./ヽ: : |
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|
   厶ヘ ハ         、     {ハ/ V
      \_!      _ '     !
        ヽ    /   `t   /        へ?
      ___,r| \  {    / /
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、
::::::::::::::/:::::::::∧    /二\ |::::::ヽ::::::::::::\
::::::::::::/::::::::::::::∧ヽ  /: : : : :}ヽ!::::::::::〉:::::::::::::::



110 名前: ◆fFI82Sjg3c[] 投稿日:2014/09/14(日) 23:14:49 ID:FsRviRgM0


    _                    ヽ
 ‐''´ /         ,、           .',  
  〃         /| / l  |ヽ、        |   .\
 .,' ,ィ      ムf /  l .L 」 ,、      |    .<  河合善右衛門は 既に亡くなり
 |//   _,,、v‐'l/ ij  ', ┌-、 _      |   .<
 . ,' /| ./__,,r-、 u u ヽ|、-ヽ| ヽ      |   .<  家を継ぐ者もいなかったため
  |/  |/l(_    ヾ、  〃    `)| |-‐ 、  |  .....<
 .     l.(´   O ) ;; 、 O   )| |ニヽ ヽ|   .<  その領地は跡形もありません!!
      l..ヽ、 r-/..:: ι┐ rl'´ |.| -、| ..l l    .<
      .l;;;;..`/..::::::::: u し'/  .l.|__,ノ /  l、  /∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\
       l  (__:::::::::::u::`) /_  ||-- '′  ヽ、
       l r‐---‐---~'´__`l |   lヽ、  ヽ、
        l.l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ( |   l   ヽ、_ ヽ
          ll二二二∠二二二ノ.ノ   |    l  ̄
        _ヽ  ,,,,,,,,,,,,,,,u  ./ |   l     l
     ,、-''´ ,ヽ ij ;;;;;;;;,,  /;;  |   ,'|     .l
 _,、‐''´    / ヽ u   /;;;;;;  l  / |     l
       /   ヽ、 /;;;;;    リ  / |     .l
      ./     `lヽ''''     l /  .|      l
      /       l .ヽ     .l /   |      .l



111 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/09/14(日) 23:15:35 ID:rRXHZj6A0

50歳が少年の時に現役バリバリだったんだから、そうだわねw



112 名前: ◆fFI82Sjg3c[] 投稿日:2014/09/14(日) 23:16:41 ID:FsRviRgM0


          _,,,..-.ー.─.-.-....、._
     二ヽ,,..::"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:..、
   /::::::::``:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::ヽ
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ:::::::::::ヾ:::::\:::::::::',  
 /:::::::::::::::i:::::i!::::::::::::::::ヾ:::::,,∠,、_:::::\::::\:::::',
 i::::::::::::::::!:::::i i:::::::::l::::::::イ\\\:::::::::\:::\::',      そうか…… あいつとは
 l:::::::i::::::::!::::i,,ゞ;::::::::i:::::::::l  >≧r、\::::::ヾ\_::>
 l::::::i!:::i::::l;/i ._,,\::::!、::::::l   辻ヾ〉 \:::ヾ)::::>     懐かしい昔語りでもしたかったのだが
 i:::::ハ::::|::::l:::i〈`(ヘ\! \:',   ゞ-′  ラ∨/"´
  l:::i l:::|::::lヾ、 弋i;) ヽ  \      ┌::ソノ        ……残念だ
  ∨ l::::l::::l:::\ "           ヘ::::/
     \|\!\  ′          ∨
      ヾ ヾ 、    ‐-    ,   ゝ、
          `  、      , ′  /  \_
              ` ー <  /´    /::::: ̄`ー-
               _ノ´∧_∧    /::::::::::::::::::::::
          :::::´ ̄/ /〈::ヾ∧    /:::::::::::::::::::::
          :::::::/  / ノ::::〈 ヽ  /::::::::::::::::::::



秀吉は善右衛門について家康にそれ以上は深く聞かなかった。
だが、実際のところ、秀吉は善右衛門と会って、いったいどうするつもりだったのだろうか。



113 名前: ◆fFI82Sjg3c[] 投稿日:2014/09/14(日) 23:18:55 ID:FsRviRgM0


実は秀吉、家康には二度と問わなかったが、
この後も機会あるたび、家康配下に善右衛門の行方を聞いて回った。



             、‐- 、 ,. -- _
          ,ゝ ̄ `  ′゙,∠.._
       /´ " " " ゙ ゙ ゙ .<`
       7 " " " " , ゙ ゙ ゙  、\
.      i " " " ゙,.ィ / \ ゙ ` ゙ \
.        | " " ,ィ/‐l/、  ,ゞト、゙ 、゙ヽl
       | r=、 l.=。==._ ,。==ゞ ゙ N
.      | {にl l ` ̄  _ \´ハN
       ,l ヾ=lノ u __ ‘ ‐  ゝ     その男なら死んだな
   _./:l "./ ヽ. ∟..二ニ7/
‐''"´:/::::::| /    \   一 /、
::::::::: !::::::::l′     \ ,イ:::::\
::::::::::l::::::::::l         /:`:::l::::::::::::\           ,ィ  ,.イ   ,.イ  _,,
::::::::::|:::::::::::\     /:::::::::::l::::::::::::::::.        .、 / | / | / .レ'' / ,.ィ
::::::::::|::::::/\ヽ   l::ヘ::::::::l:::::::::::::::::::::ハ     、 | ヽ!   ′ ´   ′ '" レ!
::::::::::l/:::::::::::o:ト .」::-:::::\::!::::::::::::::::/::::l    | ヽ|              │
:::::::::::::::::::::::::::::: l`ー'l:::::::::::::::::`:::::::::::::/::::::::l    lヽ|                 レ1
                    .       |      ./´\__,/\     ./_,
      ↑ 本多忠勝      .      |\     ./_     i _,ゝ     '"/
                          .|      /`'-ニ_┐ r,キ‐''´!   ∠ィ
       -=ミヽl∨レl イイイイィ        .|ヽ  r=!| =tr=゙  =tf= :|r=、  ノ
       Z ,vvwvwvwvv、"ミ        ト   {h|| `ー l.i  T´ u.||hリ ‐'フ   ……死にました
      Z /:|:|:|u|:|j:|:u:|:|u:|:ヽ ミ        ヽ  ヾl| /' 、廾,、  \ |!ノ .∠
      Z. \;:|u|:|:|:|j~|:|:|/ _ ミ         ゝ、,._V' ヾニニニつ  /i`''<´
     1 l::\ \l:l:l:l:l:/ /::l ト'       _/ ;;'' |:ヽ   --  ヽ/ ;|   ヽ_
      |〈:|u:|::\`!ll !´/:|:U:ノ.|   , -‐_''.二/  ;   |::::ヽ.    ./ .;|    l_  ̄
     r‐'‐〉 ==。=-ソ /=。== 〈.‐、 ,イ ̄    /  '    |:::::::`ー─ '   |    |   ̄
     | f.ヲ u三三〈 〈 三三|j )〕|   'ー- 、'   ,. -‐、|、::::::::     ,レ-‐-、  |  ← 榊原康政
     l ゞゝ 〃〃/ /〃〃〃/ソ.l
    ム`''〈 /´ r_(_/_ 、 `ヽ 〉‐ヘ
    /_l´ ̄u ̄ ̄u ̄u ̄ ̄`l._ヾ、    死んだ 死んだよ
一 '' "|| | 〃〃〃〃〃〃〃〃| ||" '' ー
.   || .| l l l l l l l l l |. ||        ,、-―――-、
   ||  l  |j  u |j |j  u  l ||      /           '.,
.   ||   ̄ ̄ト ̄ ̄ ̄ ,| ̄ ̄  .||      l /´\   /ヽ l
   ||     | `r----/ |      ..      | /_   `"´ __ l. |
                    .      frll-_`ニl lニ´_-ll`i
       ↑ 鳥居元忠           |t|| ‐-‐ || ‐-‐ |    俺は その人を
                    -―-、./`|`|    j|,、  .|´
                       ヽ/| ハ ‐----‐ /|\   存じておりません
                    ..、 -‐''"l  |′'.,  ≡ / |  l"''‐-
                        |  |.  ヽ___/  |   |
            井伊直政 →    |  |         |   |
                        |  ト、    ,. ‐|  |



114 名前: ◆fFI82Sjg3c[] 投稿日:2014/09/14(日) 23:19:20 ID:FsRviRgM0


    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ -=o=-| :/ .|:/  V: |.: : : | V
  < : _: : : /       |/  レ-=o=-|:./ヽ: : |
  <:: |. 小{                   レ{: :|ヽ:|
   厶ヘ ハ         、     {ハ/ V
      \_!          '    !
        ヽ      ∠7   /      チッ チッ チッ
      ___,r| \      ´  '´ 
    /:/::::| \ ヽ `_   ィ ´
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、



まあ、だいたいのところは、これでお察しというものだろう。


<番外4 Revenger>おわり



115 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/09/14(日) 23:20:15 ID:rRXHZj6A0


さっさと死ねてよかったですねw



116 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/09/14(日) 23:21:48 ID:tT./uNLA0

どうみても報復です、本当にありがとうございました



117 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/09/14(日) 23:21:58 ID:SC2pAalQ0



いちいち念を入れて聞いて回ったって事はそういうことなんだろうなw



118 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/09/14(日) 23:22:19 ID:E5zkUvFQ0


まだ、墓から引きずり出して遺骸をさらし者にすると言い出さないだけ穏当ですか



119 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/09/14(日) 23:24:05 ID:OdwD9T/E0



子供の頃の記憶ってみんな覚えているもんだからねえ
アメリカにもナード(オタク・ガリ勉)は将来自分たちの上司になるから
イジメないで優しくしろって言葉があるらしいし



121 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/09/14(日) 23:27:36 ID:05kJTGUg0

>>119
ゲイツさんが講演で言ったらしいですね



120 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/09/14(日) 23:27:02 ID:4A/sJjBc0

確か子供時代にいじめられたガキ大将にも報復しようとしてたけど見つからなかったって逸話
(生きてたけど村の連中が必死こいて死んだ事にして隠し通した)があったよな秀吉w
例え殺さなかったにしても散々いびり倒したであろう事は容易に伺えるw



122 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/09/14(日) 23:35:05 ID:R/Q3tkug0

乙でした
こういうのっていじめたほうは忘れてるのが多いのに、相手のほうもよく覚えてたもんだw



123 名前: ◆fFI82Sjg3c[sage] 投稿日:2014/09/14(日) 23:41:38 ID:FsRviRgM0


2日続けての番外となりましたが、肝心の本編の方は、
最近、公私共に忙しくてなかなか進みません。




              _,.、--‐‐‐-- 、,
            ,ィ'´ _,.、--‐‐‐- 、._)
           (,.ィ'´ _,.、 --@- 、.,l
            レiニ、-‐_,ニ--ニ,'_‐i、   分かってんな?
           ノヽ-‐''>o、 , ,ro<{´
           l ( ' '´`''''''",  i`'''"`l    わし 来年度中に定年だからな
           ゞ,  :. _'ゞ=ニこニ=ツ {
           l' '   `゙`'ニニニ'" ノ    ,.__.,_
           ゝ.,_    `~~´' ノ フ""フ/// `゛゙`'i、,
      _,rm-‐''"ゞi i``'>‐-‐-r‐'"彡"    ̄       `i、
    ,ィ'´///.  ,--'`フ`゛゙`'"´彡"      /         `、
   /.   ̄   フ ァ┘;彡" ___, _   /           |
  l  ,i     i ̄;彡"   l//丿/ /   l           ゝ
  l /     ;彡"     ,d/ノ△-/  i, l            ヽ
  / /   ,;;彡"      (_ノ (__丿  'l l             'i
         l\
         |  \    , -――ァ
         |   \   /   ./
.         !    } /   /
         _入   √| _∠ヽ    _ノ
      _. : '": :_> _ ―'T"¬ミ、`マ¨
     /: : : :f'  /: : : : :小: : : : :`: : \
   イ: : : : : :レ'´: : :/|: :./ | V.、| : : : : : :\
  /: : : : : : : |: : _,イ !: / ! V`ト-: : : :l: : :\    え~と
  ,': : : : : : : : |''´:::/  |:/  |  Ⅵ,ハ: : : |: : : : :ヽ
. f: : : : : : : : :|: : / _-z/  !  キ弍.V::.:i: : : : ト、}   七五三でしょ 幼稚園の準備でしょ
. |: : : : : |: : : |:::/ィ 'うハ     ´_jハい : |: : :| |
. ∨: :l ィ: : : :V〃トz.込     込爿》}、 |: : :|     予防接種は何か残ってたっけ?
  V: :ヽ:| : : : 〈代f:::: リ      ヽ.ン ム|: :. |
   V: : ハ: : : : ', ヽ少        '''  {ノ: ,ハj    それから……
   ヽ ヽ、!: : : : :', ''      ´    ノ: :/        ___
    \ト、V: : :い      ‐   ィヘ: :/       /      \
 .    乂≧、ト、マ¬r―/ )- <`\ V         /          \
.      f;;;;;;;\!ヽ;;;;\/ ムフ;;;;;;;;;;;;;;\     /   ⌒   ⌒   \  あしょぼ あしょぼ
       ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;./  ⌒!、;;;;;;;;;;;;;;;}     |  /// (__人__) ///   |
       {;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/マ    ト /;;;;;; イヘ    . (⌒)              (⌒)
      V ̄¨ト、 /;;;;.\ _ ノ∨ /;;;;;;ヽ}   ./ i\            /i ヽ



9月中か10月上旬にはなんとかしたいと思っています。



126 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/09/15(月) 00:16:00 ID:ssBgVvKI0

乙でした。

小児麻痺ワクチンとか不活性でやりました?



127 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/09/15(月) 00:21:39 ID:O27j85s.0

乙でした
小さい子は行事みたいなのが色々あるけど頑張ってねお父さんw



128 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/09/15(月) 00:59:24 ID:8NW/re8M0

正社員に引き立ててくれた部長さんも引退か

ちょっと困った人と描写されてるけど今のムスカの家庭があるのは
この人が目をかけてくれたからだよな



129 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/09/15(月) 01:37:54 ID:EF.fCTRE0

ウナギ奢ってくれるしね。



130 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/09/15(月) 01:46:29 ID:Rf9aafcw0

応援してる球団意外は普通に羨ましいレベルの上司だよな



131 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2014/09/15(月) 01:55:49 ID:Rp2IogT60

乙乙
三河者共も流石に空気を読まざるを得ないかw



132 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/09/15(月) 09:03:02 ID:InK7vsgo0

>だが、幸いなことに、家康に用意された回答はひとつしかなかった

ってあるから、本当に死んでるんじゃないかな



133 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/09/15(月) 09:05:27 ID:WLpFn5360

前作 掲載中に生まれたお子さんが、もう七五三か……。

早すぎるw



元スレ:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/12973/1410611917/
関連記事

テーマ : やる夫系
ジャンル : その他

tag : 豊臣秀吉 伊藤誠

amanatu.com
amanatu.com

最新記事

ヘッドライン

コメントの投稿


No.1897 名前:どこかの名無しさん 投稿日:2014年09月21日 23:12 編集

人たらしの太閤さんでしょ?
耄碌前のスーパーチートタイムの
ほめたてて、大加増だったんじゃねぇかな
家康味方にしたばかりの時期だし

逆にそれを恐れて隠したという線も…

No.1899 名前:どこかの名無しさん 投稿日:2014年09月22日 22:44 編集

耄碌前から秀吉は恨みある人には残酷よ。

No.2541 名前:どこかの名無しさん 投稿日:2016年11月27日 13:01 編集

小牧長久手で秀吉をケチョンケチョンに馬鹿にした
榊原を加増させてやるくらいの器量をみせるときもあるで。
非公開コメント