アクセスランキング ブログパーツ
プロフィール

Author:リノレレ
お気に入りのやる夫AAスレを
まとめています。

ご要望・不都合等ございましたら
メールフォームにてご連絡ください。

twitterにて更新情報等を
つぶやいております
フォローしてくださるとうれしいです

サイト内検索
カスタム検索
カテゴリ
スポンサードリンク
最新コメント
最新トラックバック
リンク
Amazon
人気ページランキング
逆アクセスランキング
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブログランキング

FC2Blog Ranking

カウンター

カウンター(ユニーク)

カウンター(トータル)

誠の太閤立志伝 <番外2 その後のイエズス会>

61 名前: ◆fFI82Sjg3c[] 投稿日:2014/04/12(土) 00:37:04 ID:LmvNAnLA0 [2/49]


<番外2 その後のイエズス会>


元亀元(1570)年6月、イエズス会本部の命を受けたフランシスコ・カブラルが来日。
日本地区第2代布教長、コスメ・デ・トーレスはかねてより大きな病を患っていたこともあり、
その座を直ちにカブラルに譲り渡した。



 /  /  /  { {  \    \
/ /    / i   ! ヽ        ヽ
./  ,'     i}    \   ',   ', ',
i  i// /  八 {    ヽ  ヽ  ', i
{ ノ/ /  /  ', ヽ        i  i |
ヾニ彡'‐彡' ____\\    \ }  } !
,ハ二ノ '´     `ーヽ      i|  リ ノ
{ ハ{=i|  、 _  、_:::::::::::::::ハ }_  .i .}、 ヾ\
ハ ヽi    ̄ ̄:::::::::::::::{::::}!¨} }ノ|  ̄ ̄
{ ≧=i u         ;:::::::ノノ }
ゝー┤          i:::::::  ,′
 ヽニ|ヽ         ヽ_ノ:::  /         後のことは よろしくお願いします……
 Y⌒マ\   -、 ‐= ァ‐  , '
‐┼ミ、 >、    ̄ ̄   ,イ _
.、 \ ≧=‐-ヽ     /Y⌒ヽ_jヽ
 \ \ 二二ニ>─‐く彡'{ /  }    ← コスメ・デ・トーレス
\ `ー‐-==ミニニニ=‐≦ ./\  /`ー



そして、これより半年後の同年10月、本編で述べたとおり、
トーレスは最後の情熱を傾けた長崎の開港を見届けると静かに息をひきとった。満年齢で60歳。


62 名前: ◆fFI82Sjg3c[] 投稿日:2014/04/12(土) 00:37:36 ID:LmvNAnLA0


ところで、これも本編でも紹介済みだが、
フランシスコ・ザビエルがイエズス会本部に具申した日本に渡来する宣教師に必要な条件は次のとおりである。



             ,  ' ´  ̄ ̄`ゝー 、
              / / /´ニミ "rニヽ\
          /  /  / /  i  | ヽ  ヽ\
            / / /   | |  ||  |  |  i ヽヽ      『神のため犠牲を捧げるのは当然
        / / /   人 iv 山 i i l i ノノ ノノ ノ ',
        i i  i   | , -==、_       `i"i i .     謙虚で 決して我を通そうとしない人
        .| i  i    |  ィイたTヾ   /==-| l| |
       | |  |    | ヽヽ-ソ’,  i イなミイi | |        仏僧からの迫害にキレない人
       | |  i   i     ̄´    ', ヾ=' i | |
        .i i  i   ヽ.         〉   ,' ノ |      高度な討論に対応出来るだけの弁証学に達している人
          ヽ ヽ ヽ  ,,,ゞ       _´_   /レノ/
         ヽ ヽミ ミ \.     f 二/   /ノ /       これらを全て兼ね備えたうえで
           >―|   \.   ` ̄ ./i ノ´
       ./"":::::::::|    `ヽ、 _ /           可能ならば天文学に詳しい人が相応しいと思います』
      /:::::::::::::::/ 下 ̄T ̄TTT弋"\
 __/::::::::::::::::::::::彡ト、 /   | | | ヽ:::::::\
 \::::::::::::::::::ノ::\〈/>/ /  | l l ヽヽ:::::::::\_   ← フランシスコ・ザビエル



この意見に照らし合わせて、日本地区の宣教師の監督者たる第3代布教長となったカブラルの資質を見てみよう。



63 名前: ◆fFI82Sjg3c[] 投稿日:2014/04/12(土) 00:38:13 ID:LmvNAnLA0


カブラルは信仰心はもちろんのこと篤く、イエズス会の会則に忠実であり、
その意味では我欲に薄い謙虚な人物であった。



       /ィリ/Z,rァ,ィョシノノハ/,ノ       !ltぃ、 w、 ヽ
       !〃/,rシァ‐''ニ斗彡彡'′     いヾト、ミミ l
       l'ソ/イZ=彡'ア_彡''"        ゙t,ヾXヽヽミl
       l '´,Zr'zェ≦;、,,,_           ヽヽト、tミ l!
       {ハリ キ  (_・,ノ`ミ'   ,.:‐-ェ,,___,,,Nミ!ゞヽl
       tjV ´^''ー―''     /;;;::イ゙て・フ^'‐ァ ヾミミl
        l, l           /;;::::::`` ‐-‐''^´:.:.lリjリ
        ヽj,          /:::::::     .:.:.:.:.:.l/7/     会の規則は絶対デース
       ,. -ゝ、        /:::,;:'    .:.:.:.:.:.:/ィ'′
      /  .:.:.:.ヽ    r'^' /:::-、    .:.:.:.:.:./'´       当たり前のことデース
      i′:.:.:.:.:.:.:.゙! ,,、 ヽ    ノ   .:.:.:.:.:/
.      l! :.:.:.:.:.:.:.:.:l ヾヾニ:ヽ_ .イ..,,_ .:.:.:.:/
     l  :.:.:.:.:.:.:.:.:ハ、 `丶、`'―--彡'´.:/
     l,  :.:.:.:.:.:.:./l iト、  、;;,,`,, ̄,,´ :/ーr‐- 、
    ,イ!.:.:.:.:.:.:.:.:/ ltl \ `゙゙ ''' "´/:.:.:.:.:.l:::::::::::\
 ,.-'",..、:::l:.`'=":.l   い ` ー-‐ ''".:.:.:.:.:.:.:.:l::::::::::::::::`
':´::/ ヽ.l:.:.:.:.:.:.:,ハ  l,    .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: リ:::::::::::::::::
::,ノ    l!:.:.:.:.-シ' ヽ  l,   .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:::::::::::::::::::
'´,;   .:.lゞz彡´:.:. 丶、  t;;; イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:::::::::::::::::::
 ,!   .:.:.l彡''":.:.:.:.:.}:.゙:.`ヽ、};; ツ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:::::::::::::::::::::    ← フランシスコ・カブラル
 リ  :.:.:.j:.:.:.:.,,:-‐'^ミミ:.:  `ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:::::::::::::::::::::::::    




           (´⌒`´⌒`´⌒)
           |        |
           |_______| _
         (⌒ヽ  ⊂つ ⊂つ\ヽ
        (    )  l _ l   |)    ちょっと慇懃無礼なのが 気にはなるところだけどね
        (   ノ:::::::)(_)(::::::|ノ
         `ー´   ___  ノ
          \  )\_/ (ノ      ← アレッサンドロ・ヴァリニャーノ
           \_____/



64 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/04/12(土) 00:38:38 ID:lkEK.1fs0

番外編がw ラッキーw



65 名前: ◆fFI82Sjg3c[] 投稿日:2014/04/12(土) 00:39:39 ID:LmvNAnLA0


また、カブラルはスペインの貴族階級で、長く軍の要職につくという経歴を持つ。
そのため、幼少時から高等教育を受けた高い知性を備え、
元軍人として、仏僧からの迫害にも屈しない気概を持っていた。

                   ,r‐ 、
                      l   l
                   l   l
                     l     l
                  l     !
                   l    l
                      l     l
                  l       !
              , -=7      にー-、、_
            ,ィ"ニr三l        !≧三三ミミ==、、
         ,:r''"´彡ア==l      l三三彡シ"^`ヾミヽ、
        ,ィ"シィ'彡'"r≦ニ!      l三彡'"     ヽミミヽ
      ,r'´彡彡イ,=''""~´l         !         いヾ`ヽ
     ノリ'´,rシ ノ,r'´    ,l       l          ゙t,いヽ:ヽ
    ,f´ムィツ=‐''"   _,,,:.:.:l          l  ,.,.,_        ヾミミlYl
   ノリfrシ'"_,,ェ=三==、:.:.リ  _,_ ;l;lリ __ ヒ'":.:.:.:.:.:.:,二ニミー-、ヾリl h
  /N/' ,ィ7,:r'´ (_・ノ `丶/ ,ィ;;;;;l l;;, f;;;;ヽ.ヽ,r ''"´  (_・_)`ヽミi, Vlト、
  ,{リツ /,Z/ , :-==三ニ/ /;{__};;l lト l;;f^_}ヽY_,,.z ===ュ、、 . :ヾt, ゙il い
 f川リ/ //イ''"       { (;;;_;;;;ノ,、,、ヾ:;;;;;;ノ )`''ー     `゙ヽ、:;ゞ, ltiリ    ですから 日本のことは
 ljソリ ,ノ'´       ,,.ゝ-、   ''゙ ゙''   _,人ミ、、       `ヾ{、∨{
 l,jノ         ,,ィ::: ''"^ ヾ.土卅土ナ´   ``'         ヾミtリ}    ボクに任せてくだサーイ
 !'′            , - 、`,゙;;ー-_''_,, -‐、            `ヾl!
 l     ,rェ''     , :'":┬- :、`二´, ィ:―rミ`丶、    zュ、、   ゙il
 l,    f´    _,, ィ"ニj、_ノー┴―'^'―'ー 'ヽ_ノゝ>-z三テ;;イト,    l
  l   トミニ二Z,r‐ア-r―v‐''‐y'"~`l'"^`Y^ヽr'^ヽ,.ユ二フ,r''" //'     ,!
  'i,   トぃ   `~゙゙゙` '―'^'―'^'―┴─┴─'=''"~´ ̄´   〃    /
  l,   ヾヽ  `丶、,,_                ,, ノ    /    ノ



カブラルは、ザビエルが示した条件をクリアしているとイエズス会は判断した。

だが、この男は日本で布教を行うにはたったひとつ、そして極めて重要な資質を欠いていた。



66 名前: ◆fFI82Sjg3c[] 投稿日:2014/04/12(土) 00:40:48 ID:LmvNAnLA0


来日したカブラルは早速、肥後国志岐で九州地区のイエズス会士を集め会議を開いた。
のであるが……。



                 , ;-‐ '"⌒`'' ‐ 、
                  /rィノf/〃ツァ, ィヽ
               /ハ//ツ,f'ノイ彡シ^t}
               {イ/ルィノシ,戈ノzニァ 〉
               l lFイr-fシ"  ゙ー‘ 丶      これからの布教のあり方について
                 !リ/{ {6'      ,, \
                lYハ、_,    ___`f゙~´    ボクの考えを皆さんに伝えたいと思いマース
                レV   li,  `'=ア
               ,-;;/   :`゙''';:‐--'′      まず第一に……
            ,,.-く:.:.:.ヽ    : ;/
      ,: - ‐ ''"´:.:.:.:.:.:ヾ:.:.:.ヽ   : ヘ、
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ.:.:.:.ヽ :l:.:.:.ト、、
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ:.:.:.:ヽ }:.:.:'l:.:.:`丶、
    /:.:.:.:.:.:t.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ:.:.:.:`i:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.ヽ
    /:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ:.:.l:.:.:.:.l:.:.:.:.:.i:.:ヽ、
   ,!:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ l:.:.:.:l ミ :.:.l:.:.:.:.ヽ、



67 名前: ◆fFI82Sjg3c[] 投稿日:2014/04/12(土) 00:41:25 ID:LmvNAnLA0


ここでカブラルは先任の宣教師たちのように日本式の着物を着用することを拒否した。



               ビ リ
             ,rャ='=-、、
           ,ノ彡シfr=ニ `ミi;
           f'リrく彡r-‐ ''^!リ
           リk!イ'´ t-ywィ_l′   ,..、      着物……
          ハ几 _,,`゙,、゙゙lン′ _,,r,'-ュヽ
 ビ リ      /ノ ヽヾミョヘ l,  ,イ彡く,-‐' ゙i,     こんなスカスカした布キレ
  __,,, :-―,ァ''" i l `ゝr'´ヽj゙ア´ ̄`ゝニ'ィ,〉
,:f^三ヲ,r一''^ニ´、、__ l ! ィ彡,ャァ'" ,,..,,、  /lトィヘ     いりまセーン
ノ ニ、゙リ  ,..,,   ``''ヽ,,,  ''"´   ゙''ヾミ,r/:.l:.:し′
,ィテ'J´,,..::;;゙i,     ,;,, ;;; ,,;;       ,frア:.l:.:ヾ
リ:.:.:.{'"  ,ィト.     ';;;;;;;;;;;'      ,!;V:.:.ノ:.:.:.:
:.:l:.:.:.ヾ='":.:.:l      ':;;;;;:'      ,;;/;;:.:/:ノ:.j:.:.:.
:.:l:.ミ:.:.∨:.:.:.:ヽ、    人__,,,;;;;;ノ/N/:/:.ィ:.:.:.
:.:ト:.トミ:.:ヽ:.:.:.:.:ト-―テ" ⌒ `ヾj ::;;;;}/:.:.:.:/:/ ヽ:.:
:.:ト、:.:.:.:.:ヽ:.:.:.l   ' -:十:‐' ゙l,  〃:.:.:/:.リ  ゙i:.:
:.:l:.:ヽ:.:.:.:.:ヽ:.:.l   t,,__,災_,ノl  f:.リ:.:./:.j ,イ ヾ
:.:l、:.:ヾ:.:.:.:.:〉:.:l  l,   ,;,  ,ィレ j:.:.:./:./ V
:.:l ヾ:.:弋:.:.:l:.:.:l,,_l;, ーr;;T;;―;イ' ィ':.:.ソ:.:ム、
ノ  ゙i:.:.:.:.:.:リ:.:.lミ‐〒=r==t=テ''ヲ:.:ム'";;ツ ビ リ
    l:.:.:.:.:.:ノ:.:.リ`` ''―ト=f-'"Zイ彡'"{



これについてはカブラルにも理はあった。
トーレスが定めた絹製の豪奢な着物で身を装う行為は「清貧」を謳うイエズス会の精神に、
確かに反していた。が……。



68 名前: ◆fFI82Sjg3c[] 投稿日:2014/04/12(土) 00:42:18 ID:LmvNAnLA0


                        fノ,r彡 彡 ,ィシ    |ll ヽ 川 jル l l  ll l
                       ノィ=≡= ''' "      V! ヾ Yソノlll /イ 从ll
(~`゙` ' ' ‐ - : ; , ,_             (zェ;;,,,,ィ i,        ヽ、゙i, リハl リハ 彳l1
 `丶 、      `゙ ` ' ‐ --:: ; ,, __,,.jゝ、_oぅ」ト、,,、     ヽミ!/ィ' K戈  ll }
     ` 丶 、、                =三;;;;;;;;;;;;;;≧ミ、     ∨リ ノハヽ tミミ
         ` 丶 、             ` ~ ヾ;;;ヽ、 `'oェ;;;,,,  ゞヽミミヾヽ 癶     あと ボクは
             ` 丶 、      、.,,_,,,,,,、   ヾミミ'==≦;;;,, `ヽ ミ ミ `リ川
                 ` 丶、,.,,_   `ヾ;'     `` `''ミ;;;'''  リ-、ソ ヘミ     日本食とか
                   r',、~`:ーぅ .イ              /'⌒})》洲)
                  ,ノ/ヾ丶、                /,rソl/リ/ムイ     ヘドが出るほど嫌いデース
                 ,(_ `丶`ヽ.\、 、,,、          /ィ;シ/彡シィ
__          _ , -‐ ''フ^::;ヽ、、 `丶ヾニヾミ、        / '",ム三三彡
.:.:.:.:.:.:` ~  ̄ ̄ ̄ ~ ´:.:.:.:.:.:.:(  ``'':: ;;;;ュ、 `丶`ーァリ〉      /'ー '' "7テ-‐ 'T
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\         ニ彡''    _,ノ    /:,:.:.:.:.:.:.:l:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.` ' ―--―一 ''テ""ヲ^~´ ̄    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:



さらにカブラルは、これまたトーレス以降の宣教師たちがおくってきたような、
日本食を食すなどの日本式の生活を断固として拒絶した。



69 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/04/12(土) 00:42:36 ID:lkEK.1fs0

お・・・。前任者の否定から始めちゃったw



70 名前: ◆fFI82Sjg3c[] 投稿日:2014/04/12(土) 00:43:07 ID:LmvNAnLA0


        |:|: :|: :: :: :: :.|                |: : : : : : |: : :..|
        |:|: :|: :: :: :: :.|         ′     |: : : : : : |⌒Y|    おいおい 布教長 そいつはマズイ
        |:|: :|: : : : :..┼‐- .._     /   _.. -十: : : : : :}ir、j:|
        |:|: :|: :i : : : ≪弋ツ>ノ ー〈_ー<弋ツ≫: : : : :..|.、/`|    日本人は独自の高度な文化を持っている
        |:|: :|: :|: : : : | `¨¨    T    `  ¨´|: : : : :! :| ハ: :!
        |:|: :|: :|: : : : ||i|i|ii|l     i          |: :i: : :|..:|′:│    それだけに誇りも高い
        |:|: :|: :|: : : : |      {:.       |: :|: : :|..:|: : :│
  _ ..  -‐|:|:i |: :|: : : : |      `′        |: :|: i: ! :|: : :│    そんな態度じゃ 日本人は
        |:|:| !: : : : : :.|i。、     ,.、___     |: :|: |:i : |: : :│
       ハl : : : : : : ||/ \   `¨ ̄ ̄`  /|: :|: |:| : |: : :│    誰も俺たちの言葉に耳を傾けなくなるぞ
      //:|: : : : : : : ||′ i\   `⌒'  / ,:|: :|: |:| : |: : :│
...  // ..:|: : : : : : : ||   |こ}`   _ イ  :/ |: :|: |:| : |: : :│
... く く     :|: : : : : : : ||   に}  Y  /  / :|: :|: |:| : |: : :│
.   \\   |: : : : : : : ||   |コ}   |     :/  |: :|: |:| : |: : :│ ← ガスパル・ヴィレラ




       /ィリ/Z,rァ,ィョシノノハ/,ノ       !ltぃ、 w、 ヽ
       !〃/,rシァ‐''ニ斗彡彡'′     いヾト、ミミ l
       l'ソ/イZ=彡'ア_彡''"        ゙t,ヾXヽヽミl
       l '´,Zr'zェ≦;、,,,_           ヽヽト、tミ l!
       {ハリ キ  (_・,ノ`ミ'   ,.:‐-ェ,,___,,,Nミ!ゞヽl
       tjV ´^''ー―''     /;;;::イ゙て・フ^'‐ァ ヾミミl      高度な文化? 誇り高い?
        l, l           /;;::::::`` ‐-‐''^´:.:.lリjリ
        ヽj,          /:::::::     .:.:.:.:.:.l/7/       OH~~~ 何を言っているのデスカ
       ,. -ゝ、        /:::,;:'    .:.:.:.:.:.:/ィ'′
      /  .:.:.:.ヽ    r'^' /:::-、    .:.:.:.:.:./'´         そもそも その考え方が間違っているのデース
      i′:.:.:.:.:.:.:.゙! ,,、 ヽ    ノ   .:.:.:.:.:/
.      l! :.:.:.:.:.:.:.:.:l ヾヾニ:ヽ_ .イ..,,_ .:.:.:.:/
     l  :.:.:.:.:.:.:.:.:ハ、 `丶、`'―--彡'´.:/
     l,  :.:.:.:.:.:.:./l iト、  、;;,,`,, ̄,,´ :/ーr‐- 、
    ,イ!.:.:.:.:.:.:.:.:/ ltl \ `゙゙ ''' "´/:.:.:.:.:.l:::::::::::\
 ,.-'",..、:::l:.`'=":.l   い ` ー-‐ ''".:.:.:.:.:.:.:.:l::::::::::::::::`丶、
':´::/ ヽ.l:.:.:.:.:.:.:,ハ  l,    .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: リ::::::::::::::::::::::::::`゙ヽ、
::,ノ    l!:.:.:.:.-シ' ヽ  l,   .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
'´,;   .:.lゞz彡´:.:. 丶、  t;;; イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶
 ,!   .:.:.l彡''":.:.:.:.:.}:.゙:.`ヽ、};; ツ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 リ  :.:.:.j:.:.:.:.,,:-‐'^ミミ:.:  `ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



71 名前: ◆fFI82Sjg3c[] 投稿日:2014/04/12(土) 00:44:04 ID:LmvNAnLA0


≦三三ヾミr=‐-ミ、ミミΞ三彡r'' ⌒丶
ヾミミ三二`` ,:;::'^i~``'' ー--≧ f;;ヽ、         高度な文化とは
      u   /i,、
   u    ,ィリ:.:lミ;,                  世界中でヨーロッパにしかありまセーン
       〃・),リ'ソ       u
ヽ  u  ィイム~ィシ′ u                日本人は
 ゙i,ー、 ミミ〉リ彡'^''        ,ァテミ、、
  `ー=ヘ'゙:;;;,,  ι  υ   イ;fハヾミ         誇り高いのではなく ただ傲慢なだけデース
     | :;;; `ミv,,,,,,,,,    ,リ{ソ!
.      | :;;;,  :;; '⌒ヾ    /y'El
       | :;;;    ,f´  ,r'゙ノr{7 }
      l ;:'    ;ハ;: /ヽヘfソ ,/;
      /    ,;;/ 'ー'′ 〈´ /;;
     /    ;/      `'"゙l::
    /    /          ヽ
    /     /           `''
   /    /
   /   /
  /  / fト、  ,rr:、 ,r‐、   _
  (_,ノ   l-' l  /ノ ,l  l':-:'l  ,fr'l
      / / ,/  ノ  { ;= l  l丶!
      /_ 〈. 〈ェ=〈  l  l  j __j
      ヾ~ ヽ丶、\ l -=! / /



自国の文化を最高なものと誇るのは人間として自然ではある。
ザビエルやトーレスも側室や妾などの「一夫多妻」制を激しく非難するなど日本の全てを認めてはいない。
だが、一方でザビエルたちは異文化に対して一定の理解と敬意を払っていた。
この点がカブラルには全く欠けていた。



72 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/04/12(土) 00:44:26 ID:lkEK.1fs0

思考が脳筋なだけっぽいw



73 名前: ◆fFI82Sjg3c[] 投稿日:2014/04/12(土) 00:45:14 ID:LmvNAnLA0


程なくしてトーレスが死去すると、カブラルの暴走は加速度を増した。
「日本人自身により日本にキリスト教を広めさせる。」
このザビエルが打ち立てた日本での伝道方針をカブラルは全否定した。



                  ,r'⌒ヽ
                ,/    l,
                /     ゙i,
               /      ゙!
          _, :-‐=7       l二≧、、
      ,イ彡三三テシ'l      , F''"J(ヾ、ミミヽ、
      /.r'シ==、ヽ、)=!      /;,, l _,,:ィ"__`ヽ.ミt、
     r'ツ〃::.  r。ミヾ、/   il|  /;;,,ハニ彡'r。t=、tハヽ、      日本人に学問を与え司祭にする?
     l イー ''"三ミー-ァ',r'^'i, tjlリソ;;'r‐;;、ヾz===ェ、ヽヽN、
    ノ'"fハヽ ,,テ;;;;;//;;;=、l,Wリ;;/r''、;;j にニ~`'' `ヾ.ゝ、l八      そんなこと絶対に許されまセーン!
  ,-:/ ノ(  =三彡l, {;;;{,,ノ;;〉jハl/;;;,ン" )ミミニー-、、 ヾミli,
  /^/ ⌒     /;;ヽ`ー=イr;;iヾ三  ,ノハヾ、 ``''  ヾ、t,l-、
 l r,'      ,イテ-‐'^ーrFァrrrrァらぅ/ノヾ;;;\、      ``i'^'l!
 l: ,'     ,r'´/ ,:r'´ ̄`ヾtTTT7フ≦‐-、、u ヾ、      ゙lゥ l
 tノ    r'´r'",:r'´_,xァT^l~`i、`二´:=r‐┬-、`丶、ヽ. ト、     l:リ
  l    _,ノ _, ィ二人ノ~T^T''''十―ト‐イ-、X丶、`' ヽヽ、    lノ
  l,,,;;;;;;;Zィ7^ンr‐ ''"~´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`~゙`ヾミKト、, ヽ ヽ    l
  t;;;;;;;;fシ"´                   `ヾコミヾ〉、   l



カブラルは教会に同宿する日本人信者に衣食住にわたりヨーロッパ人と差別した。
また、日本人修道士にラテン語を教えなかったし、自身も日本語を覚えようともしなかった。
それどころか、新しく渡来した宣教師たちが日本語を学習する環境も整えなかった。



74 名前: ◆fFI82Sjg3c[] 投稿日:2014/04/12(土) 00:45:50 ID:LmvNAnLA0


      ∧,,∧  .∧,,∧
  ∧∧(´‐ω‐`)(´‐ω‐`)∧∧     何なの あいつ
 (´‐ω‐) ∧∧) (∧∧ (‐ω‐`)
 | U (´‐ω‐`)(´‐ω‐`) と ノ       ホント サイテーだね
  u-u (l    ) (    ノ u-u
      `u-u'  `u-u'



当然、日本人信者、修道士はカブラルの態度を嫌悪した。
信仰は捨てないまでも、教会のあり方を非難する者、
カブラルに師事することを嫌い分派活動をとる者が続出した。



75 名前: ◆fFI82Sjg3c[] 投稿日:2014/04/12(土) 00:46:37 ID:LmvNAnLA0


また、カブラルは貿易や軍事的供与を申し入れることで九州の大名たちを利用しようとしたが、
ほとんどの大名たちはカブラルを相手にしなかった。



           _,.--=ミ、-.、
         ( 、..._}ヽ-、-ッ)ー、)y-z
        _.-=`' `     ′  ヽ.
       ‐'フ´`          ヽ. ヽ.
     '、-'´  y‐''二ニ''ーヽ. 、ヽ.  ヽ. ト,   _.ィ
      ブy' ヒ-┬‐ニ二‐-} |l |  `''''''''"´   ...           __,.イ
        y'´/ ナ゛゛`"´  ´´")ルi | :     :.    .        ,イ/:.:./ ̄ ̄ ̄\
     / ノ  |      __,..-ル'l  :   :  、_..z  ..       _{/:.:./:.:.:.:.:.:.:. ̄ ̄\
     ル'フ ルi>r,、 -ィ'ッ‐r,rメ.__ルi人ト、ト-‐'  `        /,. -:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:\
      '"´ i´"ー l=l ‐-‐'' l ̄リ「i |     ー        j/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:ヽ:.:.\`ヽ
        .ゝi.__ノ  ヽ._.ノ .r-‐'´ :           レ':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}:.:.:.:.|:\__\
       フ  ト、 `‐-    イ   :  ざけんな     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:!:.:.:.:\`ヽ
       '´フ _ル''`' 、_,...   レ''^)ル')ノ           j,イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:./|:.:.:.::./メ、:.:.::|
        '′_.. -ッ-|┬―''二コ_          ..     八ゝ、∠;イ ヽ/__j:.:_,イ斥 | \|
      -‐''フ  /-、□ ̄∠.._/ `'''ーr-、             {^ヽV /,.ィ芹テ j/ {¨´ :!   !
                                     ヽ _    `¨  / ,. ン  八
          ↑ 松浦隆信                        、    __     ′   殺す
                                         、       ̄/
                                        ハ    ̄〔
        / . : : : `ヽヽ:l://. : : : : :ヽ               _/ ∧   /  \ __
      / . : : : : : : : : Y : : : : : : : : : :.            _,.  イ :/ --、 /   _/: : /ー
      .: : :/⌒\: : : : l: : : :/⌒ヽ: :.:i           /    /: :|     '´ ̄ ̄/: : :/
      | : :|    ::....、: l :, .'     '.: :|         /    /: : :|    /    . ′ : i
     : : :|     ::::`´      ': : |         {    /: : : :\__{__/: : : : : |
     '. : |_    ...:::::::.  '" ̄   |: :'
        〉, { ー―u‐ァ.::ィ r―u‐ァ |/、             ↑ 竜造寺隆信
       {う l / ̄::/ | ヽ ̄`ヽ |う}
        V∧ .:::::::〈 |      リ /
        ヽJ.   ::::::ー、l_,.     ,ィ′
          Y:.、 ::::::. __,    /|    カスが
        l  \:::::.` こ´   / ,|
         _/|\  \::. l    イ/卜_
   . -‐<_} |::人>=.≧ー≦=人::::| {_>‐- .、_ ← 島津義久
     ´   乂:::::::三V} | {V三:::::乂  `



76 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/04/12(土) 00:47:08 ID:lkEK.1fs0

本国なら・・・通用したのかなぁ(汗)



77 名前: ◆fFI82Sjg3c[] 投稿日:2014/04/12(土) 00:47:22 ID:LmvNAnLA0


それどころか、カブラルに対する怒りはガチのキリシタン大名の方が大きかった。



    ,..r';/:::;':;':::::;;;;/::::::;:'::::::;:;;_;ヾ、;;;::゙!
    ,r'::::l;;;:.:::;;:i.:.:.:!;;'.:.:.:/:.;::'''"´::゙!::;':゙、;;;゙i
 、-'、;;、:゙!;;!.:.:i;;:!::::l;;!::i:;';;:';゙;;;;;/::::|!ソ::;;:゙!:::゙!
  ゙i!:::ヾ;;;`ヾ、:;;;!::;;;:;;:_;;:: -ーl|::::::!::;ノ:::!i::::゙!
  ,'゙:!:::::゙、``` '''' ''"    ゙! ::.:゙!;;::::;';:!:::::゙!
  !:::゙i.:. .:゙!           |! :.l;;:彡'i;:;:::::i
  ゙!::::!. .:.:|!         __,,,,゙、::::゙、;;::/;;;:;::::|!   崇高なる神の教えが……
  ゙、:|!::::;'‐‐- 、、   ,ィ'´_,,..、、゙;::::゙、'、;;;;;:;;::::!
   l!:::/,r r:;:;ァ,      '´ゞ'゙ '  ゙、::゙、,!;;;;;;;::::゙!
    ,!::/l゙、`` ´          ,ハ;::゙、;;;;;;;;:::::l
   ,':/ヾ、゙、     ,      ー'゙,!,ィ ゙i::゙!:;;;;;;;:;:.|! _,.... -,,.、
  ,':;'   {;}、    ,.. -     ,ィ' ○;;゙!;:|:::;;;;:;;.:.゙7゙;';:/::/;'゙;ヽ、
  ,!:l  ,イ○ ゙i::.、  ´   ,..::',..|;;;;;;;;;;;;|::!::::::;;;;:;:::゙、!;:!;:;|::!:;ヽ;ヽ
  !::|  |!    |l:::::`i:.、、-"::./,'.:.l;;;;;;;;;;;;;|:l:::::;;:::;;;:;::::ヾ!::ト、ヾソ;::;!
  !::!  `ー' ,!i_;::O! :. .:::.::..|:!..:.:゙、r、;;;;;;|:!::::::;;:;:;::;:;;;::::ヾ;;:;ヾ;'/::|
ァ゙、ヾ`` ̄,フ/ O ,:  . .:. ゙、、::.:.Oヘ,.:':/;;;:::;;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ、:;;:;;/
  ヾミ三彡' .:.._O  .  .:.::ヾミ三彡'゙`ー- 、、;_;;;;;;;;::-、;;;;;゙7
   ..      O .:::.:..  O __,,.. -       ゙'<´゙!''7ヽ、   ← 大村純忠
゙'=!:.:.        O::.O..´ ̄    .      _ ゙、!-ァ:.゙´゙,>



            ____
          ,.‐'´       `ヽ、
         /         vvv`i、
        /Wv∧MヘvVヘ^    i
        ,'            `ヽ、i、
        { /   `、         \         他ならぬ布教長によって
        i レi /_l,,.-li`i λ`i-\_-`ヽ \
        }  V ,.-\ ゝj /--、\ | `i、 ̄「」\   駄目にされていますっ!!
        |   リ   0,    0    |  `、    \      _
       _|   |  '''´ :::  `'''  j    `、     ^^ヘー''' ̄
     ,.-'´ |   し    ’_,,_  _/ノ`ヽ   `、
   /二7 1  vv\  f''  )/)\ |    `、
  ,.'´ r''    lW∧   `'‐-=-'´ / `i、|    ハ     _,,,.-―''''"
 {  |     `、  \ \一一''/    |    | j   rt'
 l  |     `、   |\ ゝ /     | ヘ   |   /
 1/       `i、  \  =キ一    | l j /|__,,.-'`ヽ_
 `、         i、  ゝ、  ll    ,!/ ノ/ 八     `ヽ
  `i、       ∧`、  \     /  /  / \、     ← 有馬晴信
    〉     / )  `''‐-、  /   /      `ヽ、       元亀2(1571)年に家督相続



78 名前: ◆fFI82Sjg3c[] 投稿日:2014/04/12(土) 00:48:21 ID:LmvNAnLA0


結局のところ、カブラルとまともにつき合う大名は大友義鎮のみとなってしまった。



       i ;;;;  ;;;;シ彡三ミミ;;;リツ;;;;;;;;;;;;;;ヽ:::;;;";;;iii;; i
      i ;;; ;;;;v;;;;"";;;r'ヽヽ''""'""""'t;;;;;;;;リ iii;;;; ;;; i
      i|i ハ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;t、 -----―― ''i;;;;;ソ::::::::;;;;tt i
      ||;;リ;;;Y;; ;;、;;;;;;;i――― ーーー 'イ;;i;;;ヽ;;;;;;;ヽソ
      i|yリiソ;;;; ;;;ノノ/ソ,,,____,,,  ,,,,,,,,、|、h、;;;;ヽ;;;;;;;;tヽ
      'y ;;;;;;;;;;)rシモェテ'、;;;) r"z'モェテ与`>::y::: ;;;;リ
      ノ ;;;、-'";i  ~~::::: ̄""i |''::::::::::''ヽ  i;;;;;;;;;;;;;; i    神の教えを受け入れるとは
     /:ツ/;;;;;;;;;/t  ::::"    | :::     '〉;;;,,;;;;,,,,,、
     /://;;;;;;;;;/こt     ,,,( j,,、::    ,'i;;;;;::::: ;;;;;;;i    神と個人の魂が直接に向き合うということ
    (:://;;r;;;;;;、;;;i::t     ヽr"  ,   ,r';;;;;;;;i;;;; ;;;;;|
     ワiii|ハ;;;;;;;;ti;;;i、ヽ,   ~''''ニ ''''''"  /;;;;;;/;;;;;; ;;;;;リ、   彼が何者であろうと関係ありません
    ,ノ;;)し;;;;;;;;;ti;;リ:::::ヽ  'r''"~~   , ';|;;;i";;;;;;; ;;;;;;、、t
   ノ"/;;;;y;;;;;;;;;;;;|ソ:::::::::::ヽ  ,,、,,  、":::;t;;;;;;;;;;;; ;;;; ;;;; |
   (/;;;// "";;;;;;iリ::::::::::::::::::~'ーーー "::: ii ヽ;;;;;;;; ;;;; ;;;;ノリ
 ,,,、,,、t /リii"ii;;;;;;;;ヽ,  ::::::::::::::::;;;;;;;:::::: ii  /;;;;;;;; ;;;; ;;;;/;;ヽ,
" /r"/;;;;'''';;;it;;;;;;;;,,,,ー、:::::~'' -;;;;;;;:::  ii  彡ノ;;;;;;;/|y;;;i、;;;iヽ'ニ
 / i i;;;;iii;;;;、、ヽ;;;;ミ "" :::::  ;;;;::: ii  ''"フ";;;;";;/i;;;;|リ;j /)~'  ← 大友義鎮
. リ |  ヽ;;;j;;;;;;;;ヽヽミヽ、、,,,,,;;;;;;;  ,,、-'""''r''i";;;/|;;;;;;i/;;;ノ";;| i/



79 名前: ◆fFI82Sjg3c[] 投稿日:2014/04/12(土) 00:48:47 ID:LmvNAnLA0


    /彡三ミミ从/ ,、-= 、ヾ゙゙  ヽ   \\;;;;'、 ll|l',
    /;;;;/三ミミ、l|//´;;;;彡ミ;;ミミミ} l| l|ヽ、、、、ミミl|ヽ;;;;リl | ',
   ,'////;;;;三ヲー、ィッッ--ー-、ll|゙l l| l|ヽヾ;;;;;ヾ;;;;;;;l|レl|ミll| ;}
   ,j从//;;;;,'        u     }ll|,| |l|;l|,l| ゙゙}}lll||l|;ィll|ッッl|l|l|l|
   j从ll|| ;;;;|、,,         jlリl| |l|ll|从;;;;;;;、 - ''"´,jl|;;;;;;l|
  リ从从;;;;;',  `''''' ー― ---l||;;;;lリl|l|l|''" ̄,, 、-ー'''"ヾヾll||
  { l|ii 从 |;;| `゙''ー =ミ ,,,,, _l||;;;;;;;l|ll|-|''"´ll\ヾlリリ;;;;l|ヽlj
  ヽ ソ从l|;;;l       ...:::::::|;;;;;;イl||从ヾヾヾヾ゙゙゙ |l||ll|/l|l|
  /ノ彡リ;;;;;;'ー,、 ,,、,,  ''"""´ ヽ、;;从从ヾヾ゙'ー、ヾミ≧;;〈〈
  /ノ,,ノノ从||:ミミ弖ミ:ッ''ー-::::__:::;;;;;;ミミ゙lwミミミミヽ`'ーミ;;;;}{、    それにぃ…… やっぱ
 イイイノノ从;;',゙::::::::,' ''""゙ヽ`'''''''"´彡  |ll|゙'ーwW;;;;;;;;ヾヾ}リ;;l
  ' 、l|lV/ノノ ;;', :::::,'           l|ll||ll| |;;;;;;;;;;ヽ、l|ii|リ|リ     外国製の大砲も欲しいじゃん
    ラ;;;;l/ ; ;;', :::,'   -、:::...     u lリl;|ll|从;;;;;;;;;;;;;;;Yl|〈〈〈
     |ll|l/;;;;/;;', (",,、-:ァ''       l.|l;;;;;;ヽヾヾll|;;;;;;;;イ|从ll|
    ヽl||;;;/ ;;;', :゙´、∠____,,,ノ   |l|lヽ;;;;;;\\リ、;;;;;;ノミllリ
      l|;l||| ;;;;;', `゙゙'""""´´      |l|;;|lll、ミミミ゙\イll(llミl|<、
     , ''、ll;;;;;;;;;;', :`:::""´´     ゝ;;;;;;;\、、ヽヽ、゙ヽミ ミーミ、
    , " イ ; ;;;;;;;;l イ       ,、 彡ツ;;;;;;;;;;ヽミヾヽ\ヽヽヽヽ
    イ /|lヽ;;;;;;;;;'、、::..   ,、-'":::"///〉〉lll|;;;;;;;llヽl|;;;)|l;;;;)l|〉
     | /  乂々/ミ`゙ー― '´:::::::'" /イ//从l|ll|;;;;;;;;;;;;;リl|イjj;;ノ }}リ ← 大友義鎮(電波バージョン)
    /ノ  //" レ゙゙゙〈::::ll|:::::::::::"  l|l|;;l从|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l|;|リ((ll|l|ノ



そして、カブラルを嫌ったのは日本人だけではなかった。



80 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/04/12(土) 00:49:11 ID:r8fXCb.Y0

0から純粋培養されたが故に苛烈では有るなw



81 名前: ◆fFI82Sjg3c[] 投稿日:2014/04/12(土) 00:49:38 ID:LmvNAnLA0


ガスパル・ヴィレラはカブラルと入れ替わるように元亀元年中に日本を離れた。



          /. : : : : ::iヽ\.:|:/. : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ヽ
          /. : : : : :.:.:}: :.゙: :゙/:./⌒ヽ: : : : : : : : : : : : : : ::.
        /. : : : : : : ::': : :.∨/..:/. :.:l: : : : : : : : :i: : : : : : l
        /. : : : : : :.:./``ヾ:i//. : : : :|: : : : : : : : :|: : : : : : |
      /: i: : : : : : /    ´´ ̄´ ̄|: : : : : : : : :|: : : : : : |
      / : l: : : : : :.'、             |: : : : : : : : :|: : : : : : |
      ′: :l: : : : :厶 \  /     |: : : : : : : : :|: : : : : : |
  ___i : :.:l: : : :/`弌ッ`} {、―――十: : : : : : : ハ: : : : :.:|
/.:::::::::|: : :.:l: : :,:i |ililili リ   了'弌ッl、: : : : : : /.__l: : : : :.:|    馬鹿野郎が やってられっか!
.:::::::::::::::|: : :.:|: :/ |:... ..:/′   ::... ` "|: : : : : : .'/'⌒Yi: : : :.、
:::::::::::::: |: : :.:|:/ : |::::..::/′         |: : : : : :.i )  八: : : : \
:::::::::::::/|: : :.:|: : : :.:::::::ゝ 、         j: : : : .:.:.|  Х: :.|\: : : : \
:::::::/八i: : :|: :.:.:∧:::λ__         /. :/ : .:.:厶:个'i: .:ト、: `ー-: : : \
::::::::::/.::/|: : :!: : : : :∨/`こ ヽ    /. :/ /. : ′ : |:.:|: .:|:::`.ー―――
:::::::: /:::|:.:.∧: : ハi/∧::..... .    . イ: :/.:/. :/. : : :│:|: .:|:::::::::::l:::::::::::::::
:: /.:::::: l:./.::ハ: :{:::゙゙:::::`..ー―< /j :/.:/i: /: : : : :│:|: .:|:::::::::::|:::::::::::::::
::: ̄ ̄::::「 ̄':ノヘ{ ̄\ ::::::::::::::::|/ }:'.:/ :l/. : :|: i: : |:│: |:::::::::::|:::::::::::::::
:::::::::::::::::::::://.::::\::::::::\:::/ /! ノイ: :│: :.:.|: |: :ノ: : : :|:::::::::::|:::::::::::::::
::::::::::::::: : //.::::::::::::\:::::/.::(_) . : :|.: :│: .:.:|: l: :./:/ : |:::::::::::|:::::::::::::::
::::::::::::::: //.:::::::::::::::::::/.::::::(_)   :|i: : l i: : :|人: :./:ハl!、::::::∧:::::::::::::



82 名前: ◆fFI82Sjg3c[] 投稿日:2014/04/12(土) 00:50:04 ID:LmvNAnLA0


          ´        ` 、
        /           \
     ,.ヘ.__    二 ー    ヽ
      /    .:/   ̄ ー -     ‘,
    / .:/ . .:/ ∠三ニ=-     ァ=-z ヘ
   _ノ .://:/   ,斗ミ ヽ     /ァ=ミ  ,八
  ヘ . :レ‐v′  《ゞソ       )ソ》 ト、:.ヽ
   ヽ:| い     ¨´       `¨´  |爪'´    僕は
    ヘ、!        c  ァ      {ノ
      Y   /            、         僕のやるべきことを
      ,小 ヽ iヽー――――‐ァ) ノ
    /、::ヽ    ` ー――― ´ /        やるだけだね
 ,.≠´ |  ∨::::> 、     ̄ ̄ <j
/     l   ∨:::::::::::>i  ̄ ̄ /∧
    i    \:::::::::::::〉   /:::::i i\
    |     ヽ:::::::::\_/::::::::| |  \
    |      ∨::::::::::ヽi:::::::::::l ヘ   \   ← ルイス・デ・アルメイダ
     |         ∨::::::::::::i::::::::::|   ヽ    \



ルイス・デ・アルメイダは教会と一定の距離をとり、病院経営と生糸貿易に専念する。



83 名前: ◆fFI82Sjg3c[] 投稿日:2014/04/12(土) 00:50:52 ID:LmvNAnLA0


ルイス・フロイスは元亀2年にカブラルが上洛し信長と会見するのを仲介するが、
両者をあまり接触させず、会見後はカブラルに早々と九州へ帰還することを促した。



            _   --  _
          , ィ ´  ___    ` ー 、
        //, -‐ '´    ` ーr   \
        { f´             l       ヽ
       l l     ____    l      :.
      、__l l,_ィ:7´ヘ:{ヾム斗:`ヽj、 _    ∧
        7://X{  从x斗ミヾト、: :`厂`    ∧
       从/ィ示   ´f::ハ ヾ; i:.l:,ハ      i
      i  l:i代リ     ゞ' - '   j/l:ト:j      ′     き…… 畿内と周辺については
      l  l: l   '___   u   i: :l: l      ,:
      l  l八  ∨  ヽ    ,: :.l: l     ハ     わたしたちが しっかりとみるから
      l  l: : へ ヽ_ノ  , ィi: :.,': l    :   :.
      l  l: : l: : :.>___≦-‐/: /ヽl     {   ヽ    だ だいじょうぶなんだよ
     l  l: : l: r‐f´      /: /‐く_!    \   \
      l  l: r‐':::::::}`    ̄/ : :!:::::::::ヽ     `
      l  l: l l:::::::ト、__, イ:/ :/:.i::::::/ \
      l /:l: :! !::::::!    ,: /: l:.l/  /   \
      / l: :l  !:::::l , ィ:´:.从!:.l: !:  ′   \
    /  ノ从 ヾ/:ヽ:/  l: :l :l  :       \
    /    /   /ヾ:/:i   从}八  ;       i   ← ルイス・フロイス
  /    /   /::::/i::::::l     /  i :         !



84 名前: ◆fFI82Sjg3c[] 投稿日:2014/04/12(土) 00:51:38 ID:LmvNAnLA0


そして、カブラルと同時期に来日し、
畿内が任地となったグネッキ・ソルディ・オルガンティノはカブラルを公然と非難した。



      `L|: 「:|::.::.:;.:;.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:| r┘
          !:|:|::.::.:|:|l::.:|::.::|::.::.::.::.::.:l::.::.::.::.::.::.::.l::.::.::.::.::.|::.:|::.l::.:l::.:l|::/´
       ヾl|::.::.:|:|l::.:|::.::|::.::.::.::.::.:|::.;:.:;.: |::.::./::,::.::.::.::.|::.:|::.l:.::l::.:l|/    
           ト、::.:|」|:_:|:_士メ、:_:_/|/|/!:/|;∠::厶-‐:|士/|:イ::/::.ハ
        ∧ {\| | 弋¬辷r-ミ¬!ノヽ|―'孑辷ナ ラ j::厶イ 人          日本での伝道の
.  r乍ヽ、  /::.:`ヽ バ、   ` ̄ ̄  /´⌒ヽ ` ̄ ̄  /7 /::.::.ヽ   , -‐¬
 / |/l\\{::.::.::.::.::ヽハ ヽ、    /   |  ヽ、   _/ 厶イ::.::.::.::.::.}/    /   最大の障壁は あいつだ!
:┴‐-、!  \」::.::.::.::.::.::.∧  ` ̄´   、 j    ` ̄  /「::.::.`丶、::/      /
: : : :.:/   /::l::.::.::.::.::.::|/ ヽ、     ___      , ':八::.::.::.::.::.:`ヽ、 _/
: : :.:/   {::.::.::.、::.::.::.::.l : : : :\   に二ニ>     /: :{::.::ヽ、::.::.::.::.::.::Y  「
: : : レ1   ヽ::.::.:ヽ::.::.::.:| : : : : : :丶、  ー'   , '′: : :.|::.::.::.`丶、::.::.:/  {
: : : :/   /ト、::.::.::\::/: l : : : : : : :`丶、_ ,.ィ´ : : : : : : :ヽ::.::.::.::.::.`ヽ〈__|
: :_:/  {::.:{::.:ヽ、::.::.::.}: : |: : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /\::.::.::.::.::.::.:ヽ  〔
:.:K__   冫:ヽ、::.:\::.|: : :l: :.ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :{::.::.::.:ヽ、::.::.::.::.::}   ヽ
:.:レヘ  ̄{::.l: \:ヽ::.::.:〈: : :.ヽ: : \: : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ::.:、::.::.`ヽ、::/_   |   ← グネッキ・ソルディ・オルガンティノ
: :`┤  ∨::.::. \\:: }: : :、:\: : ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : :/::.::\::.::.::.:ヽ_` ̄{      1533年生れ 来日当時36歳
: : :/  /ヽ::.::.::.::.`ヽ/: : : :\ :ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : :〈::ヽ、::.::ヽ::.::.::.} \/



イエズス会日本地区はたちまちのうちに内部崩壊の危機に瀕してしまったのである。



85 名前: ◆fFI82Sjg3c[] 投稿日:2014/04/12(土) 00:52:57 ID:LmvNAnLA0


このような状態にあってもカブラルはイエズス会本部に楽観的な報告を送った。

                     ,r‐ 、
                        l   l
                     l   l
                       l     l
                    l     !
                     l    l
                        l     l
                    l       !
                , -=7      にー-、、_
              ,ィ"ニr三l        !≧三三ミミ==、、
           ,:r''"´彡ア==l      l三三彡シ"^`ヾミヽ、
          ,ィ"シィ'彡'"r≦ニ!      l三彡'"     ヽミミヽ
        ,r'´彡彡イ,=''""~´l         !         いヾ`ヽ
       ノリ'´,rシ ノ,r'´    ,l       l          ゙t,いヽ:ヽ
      ,f´ムィツ=‐''"   _,,,:.:.:l          l  ,.,.,_        ヾミミlYl
     ノリfrシ'"_,,ェ=三==、:.:.リ  _,_ ;l;lリ __ ヒ'":.:.:.:.:.:.:,二ニミー-、ヾリl h
    /N/' ,ィ7,:r'´ (_・ノ `丶/ ,ィ;;;;;l l;;, f;;;;ヽ.ヽ,r ''"´  (_・_)`ヽミi, Vlト、
    ,{リツ /,Z/ , :-==三ニ/ /;{__};;l lト l;;f^_}ヽY_,,.z ===ュ、、 . :ヾt, ゙il い
   f川リ/ //イ''"       { (;;;_;;;;ノ,、,、ヾ:;;;;;;ノ )`''ー     `゙ヽ、:;ゞ, ltiリ
   ljソリ ,ノ'´       ,,.ゝ-、   ''゙ ゙''   _,人ミ、、       `ヾ{、∨{   日本では信徒数が
   l,jノ         ,,ィ::: ''"^ ヾ.土卅土ナ´   ``'         ヾミtリ}
   !'′            , - 、`,゙;;ー-_''_,, -‐、            `ヾl!   10万を数える勢いで
   l     ,rェ''     , :'":┬- :、`二´, ィ:―rミ`丶、    zュ、、   ゙il
   l,    f´    _,, ィ"ニj、_ノー┴―'^'―'ー 'ヽ_ノゝ>-z三テ;;イト,    l   どんどん どんどん 増えてマース
    l   トミニ二Z,r‐ア-r―v‐''‐y'"~`l'"^`Y^ヽr'^ヽ,.ユ二フ,r''" //'     ,!
    'i,   トぃ   `~゙゙゙` '―'^'―'^'―┴─┴─'=''"~´ ̄´   〃    /
    l,   ヾヽ  `丶、,,_                ,, ノ    /    ノ



これは嘘でもなければ、粉飾でもなかった。確かに日本人信徒は増加の一途をたどっていた。



86 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/04/12(土) 00:53:02 ID:lkEK.1fs0

あらら、大ピンチw



87 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/04/12(土) 00:53:27 ID:r8fXCb.Y0

なんだろう?伝道師達は日本人への好意がかなり高かったのかな?



88 名前: ◆fFI82Sjg3c[] 投稿日:2014/04/12(土) 00:53:57 ID:LmvNAnLA0


しかし、イエズス会の東アジアの拠点であるインドのゴアで、
東洋地区の宣教師の総監督となっていたアレッサンドロ・ヴァリニャーノは、
カブラルからの報告に違和感を抱いていた。



           (´⌒`´⌒`´⌒)
           |        |
           |_______| _      何だろう……
         (⌒ヽ u ⊂つ ⊂つ\ヽ
        (    )  l _ l   |)     カブラルの報告には
        (   ノ:::::::)(_)(::::::|ノ
         `ー´   ___  ノ      どこか釈然としないものがあるよ……
          \  )\_/ (ノ
           \_____/



89 名前: ◆fFI82Sjg3c[] 投稿日:2014/04/12(土) 00:54:56 ID:LmvNAnLA0


違和感の正体はフロイスから直接に送られた報告で明らかになった。



     .    l }::; -:‐ァi:¨:7'7:ft‐-:、_:_:_:::::::::}   l
       、__},ィ': :斗'-!//、{: l l:ムl:t}、: :`:、-!   l
        `i 7:l:l/,ィキミx  ヾ{ ヾ{,ム};ハヽ:、ヽ、  l    都と その周辺では
        l ヽト:{{ ら: リ      'ム:云x l:l:厂`  !
         l l:l:.l  `¨´ ,   弋)ツ メ}/:l   l    こんなに信徒が増えたんだよ
         ! !:l:l     __  ` ´  l: :.l   l
     .   l ,':.l人    レ'   }     ,': : !    !
        , , l: :l l:ヽ、 ヽ  ノ   , イy: :.l     l
     .  ,' ;ィ'/: :l¨7::{ト > - <, ィク/.: :,' :.   !
      / / ,: : :.l {:::::l  ` ー '´ /:/..: :,' y{   l
     . , /) : : : :l l::::::l       /::::/ : : ; / :.  :.
     ./,` i: : : l l:::::::l   /::::::::;' : : :,'/   :.   .
     ; i  l: : :l:l レ'ヽ ̄ ̄厂ヽ::::; : : : ;    :   l
     l :  l: : :l{i l`´ーレ':┴‐'´:/l.: : :,′       l

 `―――───―――――○―――――───――――’
                  O
                   o
         (´⌒`´⌒`´⌒)
         |        |       ちょ…… これって……
         |_______| _
       (⌒ヽ  ⊂つ ⊂つ\ヽ     計算すると カブラルの赴任後
      (    )  o _o u|)
      (   ノ:::::::)(_)(::::: |ノ     九州では信徒はほとんど増えていない
       `ー´U  ___  ノ
        \  )\_/ (ノ      ってことになってしまうよ
         \_____/



90 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/04/12(土) 00:55:56 ID:lkEK.1fs0

ルイス・フロイスって凄かったのねw



91 名前: ◆fFI82Sjg3c[] 投稿日:2014/04/12(土) 00:56:00 ID:LmvNAnLA0


そう、急激な信徒の増加は、停滞する九州地区に代わり、
都を中心としたフロイス、オルガンティノ、ロレンソ了斎の努力の成果であったのだ。



::/ィ/:::::::::/::::::/::::::::/:::/:::{:::{::::::::::l::::|:::|::::::::l:::::::::::::',!  *・        ゚・ *:  : *・
:::::::::/:::::/:::/_::/_:::/:::/!::::::',::{:::::::::}::::}:::!:::::::}::::::::::l::::':,。.:  *゜ *・ ゜゚・ * :  .。. .。.:  *゜
:::/::,ィ:::::::/::::ハ:从/l::lヽ、::::::,\:::::/::/:::l::::::/:!:::::::::}、::::\  * ・゜ ゚・ *: . .。.: *・ ゜゚  ・ *
/::/l::::::::: !::下ん≧、l:{ !`::/::::::\}:/l::/}::/:::}:::::::::,イ::\::::',。. ・ ・*:.。 ∧,,∧  .∧,,∧   .:* ・゜
/:/ィ{::l:::::::|::::| 之zソ ` l::/l::::::::7´ ̄/ヽ/:::/::::::::/ }:::l  ヾ、  ∧∧(´・ω・`)(´・ω・`)∧∧:  *゜
::::{/ハ::{:::::::从{       / /:::/ィチ心、./:::/::::::::/ /::イ    (´・ω・`).∧∧) (∧∧(´・ω・`) ・ *
:,:::∨ ヽ:::::::{ リ       /イ   '<ソ/:::/::::::::∧ ´  ω・`) | U (´・ω・`)(´・ω・`) と ノ .:* ・゜
:,::::ヽ |:::::|ヾ、           i      /イ::::::/:::::,    ∧,,∧  .∧,,∧      ∧,,∧  .∧,,∧
!::\:::::!:::::!             '     ,彡 イ:::::::|:::::. (´・ω・`).(´・ω・`). ∧∧(´・ω・`)(´・ω・`)∧
:::::::l:\!::::ト、       、― ァ      /:::::::/|::::::::|,:::::   ∧∧) ( ∧∧(´・ω・`)..∧∧) (∧∧(´・ω・`).
:::::::l::::::|::::| \             ,...イ::::::/ !::::::::!',::::::::.(´・ω・`).(´・ω・`). U (´・ω・`).(´・ω・`).と ノ
:::::/!:::::|::::|     、       ,... ´:::/::::/   !::::::::! ヽ:::::::.(l    ) (    ノ uu-u (l    ) (    ノ-u
::/ j:: /!::::!     > -r '´:::::::::::/:::::::{  /::::::::/  ',::::::. `u-u'  `u-u'      `u-u'  `u-u'
/ ̄\ :::::!       /:::::::::::::::/::::::::/ /::::::::/ 

        ↑ ロレンソ了斎



ここでヴァリニャーノは布教の様子を自分の目で確認するために巡検師としての訪日を決めた。



92 名前: ◆fFI82Sjg3c[] 投稿日:2014/04/12(土) 00:56:48 ID:LmvNAnLA0


天正7(1579)年7月、
ヴァリニャーノはトーレスが開港に尽力した長崎に到着した。



     (´⌒`´⌒`´⌒)
     |        |
     |_______| _
   (⌒ヽ  ⊂つ ⊂つ\ヽ     ちょっと 何やってるんだい
  (    )  o _o  |)
  (   ノ:::::::)(_)(::::::|ノ      ザビエル様も 日本人との接し方には
   `ー´   ___  ノ
    \  )\_/ (ノ       細心の注意を払えと言ってたでしょ
     \_____/




                /ィソ/frニ戈ミミミミヾヽ
                (,//〃彡彡≡=ミミy
                l'frリシ彡三三ミミヾヽ
                リ//'"´ ̄`ヾミ ミ ミヽ
                〈リ/      \tヘミ、
                Y  __ ,,,...,,ィ  ヾ、トミ
                 l ヾ;'ィfヽ             OH~!
                 `)   l:},ノ
                 /   `'′             その言葉は心外デース
                  /
                /   ,.、               僕は注意深く 日本人と接してマース
             /   ,, ィ′
            /   ,. -''"∠..r'_'ニフ
          / ,. - '´     `エノ
           (´:-'´         ヽイ   /::
                       ヽ,_,,/ヽ:::
                             `i



93 名前: ◆fFI82Sjg3c[] 投稿日:2014/04/12(土) 00:57:20 ID:LmvNAnLA0


`丶、:::::::::..              ::: /
   `丶、:::::...            :: lミ=、
     `ヽ、::::::...        .:::: lトミミヽ、        日本人…… この野蛮な猿たちは
        \::::::,r''      ::::: l丶ミ三ミヽ
         `X::::.:.:..  l⌒ヽ、:::: lz-―:、ヾミ}!         自分たちがヨーロッパ人に劣るという
          f´入:::::.:..l    \:l;,ェ゙゚'-へヾt
          ハリツ,:ェ、::l   :.  ヾ=、"  ` ゙ゝ-、、       身の程を分からせるため
           {リ/ィ'゙。,>:l     :::..::.. ,, )、   ゙iヽ `゙丶、
          ゙ト、ノ''":::;ゝ   ::::::,ィシ'`ヽ、  〉l‐-、   `丶、   高圧的な態度で厳しく取り扱うべきなのデース
           ,l,イ   丶_,rェュミ;;:::ノ    `>; ,lノ        ヽ
         / { l、  ,,;;'" :::`ニ彡^コ=''ヒフ/:.:.:.::::        ト、
       /  ヽゝ. ,、  ,:ク-'ミシ´  Fヲ,イ:.:.:.//     ,r=、、ヽ
      ,r'´     `ヽ.ヾミ彡`′  __,ェタ´ l:l:.:.:/       /  `` 丶、
      /        `丶 `^=ェ=´'",:ォ'゙ /,:ノ       ,人,       ヽ
      {      ―--ミ、`丶、`'''ニ彡'" ノ        /⌒`'ーヘヽ.  l
     ヽ          `~`^ 丶-‐ ''"..:::::      ,/ヽ     ヽ 》  l!
      〉             '' ::::::;、;;::     ,:-'´:.:.:.:.\    ヽ  l
      ,!      ,へ、        ::ノー-;:ァ=<、:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、  _)  l
      ヽ     /  `'ーァ --- ―ァ'-‐'''^"´    ` 丶 、:.:.:.:.:.:.ヘ '=-‐、 ',丶
       ゙i''ー- 〈    /:.:.:.:.:.,,ィ'"             ` 丶、:.フヽ } ,' ; 〉
        l,   ヽ  〔:.:.:.、,.≧                   ヾシ/ソ'l } l
       ヽ   丶   ̄フノ                      (ノ ム/ノ



そして、ヴァリニャーノはカブラルの布教方策の実態を知ったのである。



94 名前: ◆fFI82Sjg3c[] 投稿日:2014/04/12(土) 00:58:42 ID:LmvNAnLA0


ヴァリニャーノは元々がザビエルの心棒者で、
その影響により東洋での布教を志したという経緯があり、
ザビエルの方針を否定したカブラルの態度に深く失望した。



             _
            /  \―。
           (    /  \_
            /       /  ヽ.
         ...―/          _)
        ノ:::へ_ __    /
        |/-=o=-     \/_
       /::::::ヽ―ヽ -=o=-_(::::::::.ヽ
      |○/ 。  /:::::::::  (:::::::::::::)
      |::::人__人:::::○    ヽ/   (こ…… この馬鹿が!)
      ヽ   __ \      /
       \  | .::::/.|       /
        \lヽ::::ノ丿      /
          しw/ノ___-イ
           ∪



だが、同時にヴァリニャーノは今まで、
そしてこれからも、来日した宣教師の中で最も理知的な人物で、
巡検師として個人の感情だけでカブラルを断することはしなかった。



95 名前: ◆fFI82Sjg3c[] 投稿日:2014/04/12(土) 00:59:35 ID:LmvNAnLA0


これよりヴァリニャーノは1年の時をかけて、九州から畿内を巡り、
キリスト教徒である無しを問わずに数多くの大名、武将と会見し、民衆と触れあい、
ザビエル以来の日本での伝道のあり方を再検証した。



     _}      r―‐┐                  ./: : : : : : : : : : : : : : :ヽ
 .  .{       .{__{ | | .| __            ./: :,: : : : /: : : : : : :、: : :ハ
    .}     } { |   !...|..', ',{  }           { : ,'://: ,{: i:i: : : :ヽ: i: : : : :.
    .|    .ハハ}¨¨¨¨ヽ,!ヾヾ',¨¨´           |: :{:i:/:{:,'|: |i:、:ヾ: : :N: : .i : |
  . _}   .,.'./‐.! ,_  _, -‐ッ.', .|           |: {:.i{-‐<:.{ ヾ=-、|: : :i: :|
   {     ! 二{ソゝ  く{ソ二 ., }ハ          |: : ,イ了トヾト、,仟ト,} |: : :i: :|
    ,'   .,'|     .!       |  .ヽ         |: :.ハ .`¨  ` ┴'‐ ,|: : :i : |
  . /  }  .{ !    |__     .!,   ヽ        |: :.|ン   ヽ  .ヽェ,イ: : :i|: :i
  i. ./ .',`.',  _,__-__-__,_    }/          |: i:|:i:.:.>、 ` ´   .イ: : : :|: : :.
  {/   } ,', .|{. =ニニ= ヽ}  /{ |        , ‐-|: :i: i:.:.:.{¨` ー<-‐':/: : :i: : : :.
  ,'    , ,'∧ || `ilili´ .,' ../...',ハ      ./-‐‐:.|: : |ゞ、'¨、 __.,ィ:./: : :iィ:.:. ̄`:<
.ィ´  /  .} ! .∧}  lililili / ./  | .ヽ   /´ ̄:.:.:´:|:i: i:|/`ー ヾェ-イ:ィ/: : :,':.:.:.:.:.:.:.:/‐-ヽ
,' ,.ィ    .|  ヽlililililililili!/  .!  .∨ ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:i: :iヾ _,ィ‐¨ヽ  //: :./:.:.:.:.:.:.:.:.:>、
|../ .ヽ     }   .`¨¨¨¨´    .|   i  {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〉: :V/,二、ヽ .}ィ'/: :,イ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`
¨{  {  ./}, 'ヽ             /', い:.:.:.:.:.:.:.:.:i:,'゙,ヽ{ J- }  ,',イ: ィ’:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
          ,,,,,,,,_
    ,,,,,_ ,. ‐ `´    ゙ ' - ,
   ミ=\          ヽ
   `'','llミ_           ゙i
     lllミ_             ゙i       /::/,/ :/ ム:|| |-、  / i| ̄`ヽ;:::::i
     (,lミ_   ,,,、、、、,    、. --!   .   i::/./| /| :ム|-||-、_ L -――-ャ:::i
    ,r'゙''r'     ___   ゙i  __,,,,,l      i:::|/ri k´!|   i| .ノ´ ト、_ - ´i::::::i
    | l,〈.    ゛'''゙'`    ゙i. ''゙´|      |::::::/ヘ | i| ̄ |´ , i〉     :|:::::::i
     ゙i゙i           ',   .|      r ニ ´ ヘ|フ      _  - ォ :|:::::::::i
      'r ,           ', .,'      i / r /.ノl 下二 ̄-―  ̄マ  i:::::::::::i
      |  l      `‐ ー'゙  ,゙    .  |' / /   l ∨       / .ハ::::::::::::i
      ,.l  丶    ‐''二、,, ゙''、゙     r.'|  イ .ハ   .l  \     / /::::|:::::::::::::i
''''''''''T゙´〈`゙i   \    '''  ,r''7''''''''   ∨  i しヘv ´ l\ ` ー ´ /|::::::|::::::::::::::i- 、
   |  |.゙i ゙i    ゛ ' -、,,,,、 `  l     |   ヽ ´ .l    l ` - _./_ - i:::::|::::::::::::::::i::::`ー
   |  | ゙i. ゙i       i l.  |  |     !    i  \_イ ̄  -v ´   .|::::|::::::::::::::::::i:::::::::
   |  |. ゙i. ゙i      l |  |  |    . |        ノ::::i      i    マ.|::::::::::::::::::::i:::::::
   |  |  ゙i ゙i     l |   |  |    /      /:::i´ノ_    i  / i|:::::::::::::::::::::::i:::::



そして得た結論は……。



96 名前: ◆fFI82Sjg3c[] 投稿日:2014/04/12(土) 01:00:21 ID:LmvNAnLA0


             _
            /  \―。       \
           (    /  \_    .<  やはり ザビエル様とトーレスは正しかったっ!
            /       /  ヽ. .....<
         ...―/          _)  <  カブラルの採っている方策は全くの誤りだっ!!
        ノ:::へ_ __    /    .<
        |/\:::: :::: :/::: :::: \/_    ./∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\
       /-o-ヽ―ヽ::-o---::::(::::::::.ヽ
      |:: ̄/  /::::: ̄ ̄: (:::::::::::::)   ─┼─
      |::::/  :::: :::::::::::::    ヽ/.    ─┼─
       |  \`    \     / .     │
       \  ------       /       | | /
         \  -       /          _/



ヴァリニャーノはイエズス会本部に、
カブラルを痛烈に批判する意見書と日本協会の将来についての提言書を送った。



97 名前: ◆fFI82Sjg3c[] 投稿日:2014/04/12(土) 01:01:33 ID:LmvNAnLA0


イエズス会総長からの信頼の厚いヴァリニャーノの意見は通り、
天正9(1581)年、カブラルは日本地区布教長の地位を解任された。



                       __ ,,.j!-/、、
                    ,:-''チ彡从,イ ミ`
                  ,ノ〃,r彡テ) ,しヾミ
                  ((/ム∠彡=7/ヾミミ
                 ノ,r'"´,,.., ,ィ '´ι_,,二
                r'´,, l!f;;;;;;;;'ーェ,r=く='"
                ゙i洲人v'彡;/  `ヽ、
               ,‐彡ミ''^,ニィ巛(・_) .:.::::
              ,ゝム"^,;、;lト、、`ヾミ、,__,::ィ"  !!
              ( `'::'",,.''"リ」゙ト   `゙^'゙'´   はッ
              ヽ ,イヾ;;ヽ、ゝ、,,         鼻がァ!!
              リ;ri;!,t;〈);;;),,ヽ;,  U
              ハ''"ハ)`^" ::,ノ;;, u       折れちマッター――ッ!
               ,>キキチ‐''"゙'l;'
              r ''" (;;__,ノ ,r' ^ヽ`  u
            ヾ丶、,,_,/,ィ"Tヽヽ   :.
             \_;;:,ン´ 、 j、_〉l,  .::::.
               ヽ__ノ!_ノ^''´;;;;;;l,l .::::::
               ゙i l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l:l ::::::::
                l l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l、:::::::
                   l l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;lt :::::
                 l l;;;;;;;;;;;;;;;;;;/´j,ヾ
                } !;;;;;;;;;;;;/;; ''" '〉
                //;;;;;;;;;ノ ''   /
                 //;;;;r ''" __,,.,/ノ
              /ィΞヽフ ̄ヾヽ;//:.
             ノf´へ〉-〈`':;:;:;/ / .:::



しかし、カブラルは日本向きではなかったとされたが、能力までは否定されず、
この後はインドに転出し、そこでインド管区長を務めることになる。



98 名前: ◆fFI82Sjg3c[] 投稿日:2014/04/12(土) 01:02:54 ID:LmvNAnLA0


なお、日本は東洋の一地区からイエズス会の準管区に格上げされ、
初代準管区長にはガスパル・コエリョがヴァリニャーノによって任命された。
だが、期待に反しコエリョも「時の日本最高権力者」と軋轢を生む。



      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ、              ___
     /   ⌒   ⌒  ヽ             /  R /\
     |      l _ l    |             /   /\  \
     |   ::::::::)(_)(::::::: |         .   |  /⌒ ⌒\  |
     |     ___   |        .   |/  癶  癶\|
     \    \_/   ノ        ...   \── ゝ── ノ
       \____/         ....     \____/

   ↑ ルイス・デ・セルケイラ          ↑ ペドロ・ゴメス
      1552年生れ                   1535年生れ
      慶長3(1598)年来日              天正11(1583)年来日



ヴァリニャーノが真に望む人材は、
天文学者でもある第2代準管区長、ペドロ・ゴメスと、
人道派の司教、ルイス・デ・セルケイラの来日まで待たなければならない。



99 名前: ◆fFI82Sjg3c[] 投稿日:2014/04/12(土) 01:04:30 ID:LmvNAnLA0


また、天正8(1580)年6月にヴァリニャーノは「日本布教長規定」を草案し、
ここで衣食住を通じての日本人との融和を改めて強調。
さらに日本人司祭の養成のための学校建設の必要性をイエズス会本部に説いた。



           (´⌒`´⌒`´⌒)
           |        |
           |_______| _
         (⌒ヽ  ⊂つ ⊂つ\ヽ
        (    )  l _ l   |)   日本人司祭の誕生が
        (   ノ:::::::)(_)(::::::|ノ
         `ー´   ___  ノ    日本での伝道の成功の元となるんだよ
          \  )\_/ (ノ
           \_____/



100 名前: ◆fFI82Sjg3c[] 投稿日:2014/04/12(土) 01:05:14 ID:LmvNAnLA0


同時にヴァリニャーノは本部の正式決定を待たずに学生の指導要綱を作成し、
同年中に有馬セミナリヨ(初等神学校)、臼杵ノビシアド(修道士養成学校)、
翌年には安土セミナリヨ、府内コレジヨ(高等神学校)を、各地の大名の協力、
認可を得て開校する。



       _,. -──  、
   ,. ' ´ ̄           ヽ
  /              `、
  ,'        i、l`、,.、-、   ',
  !     /  i i| ,!ヾ< ヾミ-ヽ   !
  |    i'_,L/!,ノ!ノ   ,ィ'⌒` ',  |
  ',  ,ィ!i'ノ '__        |  |    それは とても素晴らしいことですね~
  !  ! ,ィ'´     ,. ,   |  |
   !  ',      <´ ノ ヽ,ノ! ! |            ミ
    ;  ヽ  ,!     ´ ,.ィ'ー! ,! l──i-i-、   ,. - 、
   |   `'´─ _ 、- _´ イ、 ノ,' /,. --士'ー ヽ-i'´! ヾ !`,
   ', 、ヾ 、 i'< ヾ、  X ヾ,/ノ´    `ー' ̄ヽ.!ヾ  !,.'
    '、 ヽ ` 、ト`' _iヾ===彳i´          ` ' ´
      \ ` i` イ_ >i i i _!
      ` 、 `ーく X`゚' i `゚-!




           _,,,,,,,,
        , - ' ゙    `` ‐ 、_,,,,,
      ,r'          /=ミ
     /           彡ll',''´
   . /             彡lll
    !-- .、    ,、、、、,,,   彡lノ     学校ねえ……
    l,,,,,__ /   ___     'r''゙ヽ
   . |`゙'' ./   `'゙'''"    .〉,l |     ま 別に良いんじゃねえの?
    |.   ,'           //
   . ',. ,'           , r'
   .  ゙, ゙'ー ‐`      l  |
      ゙、''゙ ,,、二''‐    ノ  l、
   ''''''''7'ヽ  '''    /   /`〉`゙T''''''''''
     l  ` 、,,,,、- ' "    / /.|  |
   .  |  |  .l i       / ./ |  |
     |  |  | l      / ./ .|  |
   . |  |   | l     / /  |  |
    |  |   | ',   / /  l  .l



101 名前: ◆fFI82Sjg3c[] 投稿日:2014/04/12(土) 01:06:24 ID:LmvNAnLA0


天正8年12月から翌春にかけて、
創立した臼杵ノビシアでヴァリニャーノは内外の修練士に対して連日の講義を行った。



       l                 │
       ゙l、             __  T ゙̄''冖‐.
       ゙l     .__     .,,--'"``'i、,,,,i´    │
    /゙゙゙゙''゙l  ._,r'" `'¬v-ーく,,-''''''ー_l゙ヽ_ ._、  .:く,
  .,,,,イ   "゙''vイ ,-'''''''ー┘         `゙ヽ,,,,,. .〕
  ,l゙      ,ノ `ー゙         ,―、、      `ッ"
  ヽ     `}゛     r'"''i、    ′   _..: : .:    .ヽ    郷に入っては郷に従え
   |゜  :y-‐′    `  .,-'''"゙゙゙゙゙"'-,,.,r'"`:::::::::::::   │
   ヽ,,, l゙    : : ::‘゙゙゙゙'''∠:::::::::: : : :::::::゙゙l:::::::: : : :::::::   |_   日本に来たからには日本の習慣を尊重しようね
    `|    : :::::: : ::::::::|::::::::::::: :::::::::::::,{、:::::::::::::::::    l゙
     .|    ::::::::: : ::::::::゙k_:::::::::::::::::_,,i´`'r--、: :    l゙    あと日本のみんなも
     │   : ::::::::::_,,,-'(, ゙゙コ'―Vこ,iひー,i´     ./
     ゙l,     : `^ '''''t'┴''"'"゙゙゛  `'イ     .,/     安易な西洋かぶれになっちゃいけないよ
      ヽ        ヽ       /    .,,,i´ .
        -,、       \、    ,,/   _,-'ヽ,
         `'-、,_      `''―‐'" _,,,-'"゛  `'i、
           ^"'―-------ー'''''"゛



ここでも日本と西洋の融和を説いたヴァリニャーノだが、
同時に、極端から極端に走りやすい日本人の欠点についても把握していたようである。



102 名前: ◆fFI82Sjg3c[] 投稿日:2014/04/12(土) 01:07:33 ID:LmvNAnLA0


安土セミナリヨの責任者にはオルガンティノが就任。
第一期生には後に「日本二十六聖人」のひとりとなるパウロ三木がいた。



                                         |     ̄ ̄       |: :    . : : |
        廴}:{:::::| :::::i :::| ::::|:i::::i::::::::i:::i:::i:::::i::::}て             ,レ'´ ̄ ̄ ̄ ̄``''ー‐┴-、_  : : :|
        ハ{::{:::::| :::::| i |:i ::|:|:i |::::::::|:::|:::|:::::}:}::|/              |::: : : : : : : .          `ー-、_」
        | YV∨乂从乂乂j:|:|::}:::::/}:::} :} :// リ             _,.l::-‐―――‐--.、_.○  . : : : /
        V刋 { x=ミ、`Yノノ//ノノ乂//::/             //>/._,r―-r-ri__i__ i | ト、_ : : : :/
        Vヘ ヽ      ノ'⌒{ x=ミ、彡イY             └‐┬‐‐:くー-、 冫,r‐、L__.| |  `ー-〈
        〈::::::.  `¨¨´    { ヽ    /'ノ               └-、ヘ.`Tヽ! l,イ^ヽ.   | l  ,ノVvヘ
       〉::八       ` '  `¨¨´/入                   `lヘ.Ll゚|  |゚l..ノ  //,ヘ、⌒"゙´〉
        〈∨::分、   ` ー‐    イ:::::}:L....                  `| <   "~゙゙' //7ソ.,:r-‐''´
        //:::/_j \       / 人::ノノ-、}/ ̄`ヽ             \  ̄  ,.ィ´「r='´ー-、._
ヽ      イ::::::ハ|ニ=-へ.__   イニ} /  /     _|__        _r'i ̄ ̄、`ーr ' _,..:┴7´  ノ :`i
  \  从::::ノノニニニニOニニニ| /  ,/   /   /}      __.」 |   /-┴'''´  /  /   :| ̄`'ー‐:、
/`ヽ ヽV:::/}ニニニニニニニニ}ヘ.<   /    / 二ヽ   _/:: :| ヽ   L.___/  /⌒ヽ,ノ:::: : : /::|

                                        ↑ パウロ三木 永禄7(1564)年生れ



セミナリヨの教育内容は神学にラテン語、和洋の古典、自然科学に体育、音楽と多彩だった。



103 名前: ◆fFI82Sjg3c[] 投稿日:2014/04/12(土) 01:08:54 ID:LmvNAnLA0


また、ヴァリニャーノは一般庶民層の教育にも力を入れた。
天正18(1590)年、ヴァリニャーノは日本初の活版印刷機を導入し、
キリシタン文学を平仮名を主体とした口語体で出版し、世間に広めた。



           (´⌒`´⌒`´⌒)
           |        |
           |_______| _
         (⌒ヽ  ⊂つ ⊂つ\ヽ
        (    )  l _ l   |)   青少年教育の推進は
        (   ノ:::::::)(_)(::::::|ノ
         `ー´   ___  ノ    会の基本理念だからね
          \  )\_/ (ノ
           \_____/



ところで、日本人の識字率の高さはザビエルたちも称賛するところであったが、
これは読み書きレベルの話でもあり、体系的で高度な学問については、
当時の日本では上流階級が特権として独占していた。



104 名前: ◆fFI82Sjg3c[] 投稿日:2014/04/12(土) 01:09:58 ID:LmvNAnLA0


例えば、慶長4(1599)年頃でも、
林信勝なる若い町人が京都で儒学の私塾を開こうとしたのだが、
これに対して公家衆と寺社関係者からの猛烈な抗議と妨害があった。



           ____
         /:::     \
       /::::::::::     \
      /::::::::::         \
     |:::::::::::::::         |   …………
    /⌒:::::::::      ⌒ヽ/
   /::::::::::::            \
  /::::::::::::::          \ ヽ



これを思えば、やはりヴァリニャーノの成したことは画期的であった。



105 名前: ◆fFI82Sjg3c[] 投稿日:2014/04/12(土) 01:11:49 ID:LmvNAnLA0


そして、ヴァリニャーノの成した大きな仕事と言えばもうひとつ、
「天正遣欧少年使節」の企画がある。



             _
            /  \―。
           (    /  \_
            /       /  ヽ.     日本とヨーロッパの深い交流
         ...―/          _) 
        ノ:::へ_ __    /       これはザビエル様も望んでいたことです
        |/\:::: :::: :/::: :::: \/_
       /-o-ヽ―ヽ::-o---::::(::::::::.ヽ
      |:: ̄/  /::::: ̄ ̄: (:::::::::::::)   ─┼─
      |::::/  :::: :::::::::::::    ヽ/.    ─┼─
       |  \`    \     / .     │
       \  ------       /       | | /
         \  -       /          _/



ヴァリニャーノは有馬セミナリヨで学ぶ4人の優秀な生徒を、
九州のキリシタン大名の名代として選び、共に長崎から出発した。
.・ ・ ・ ・
天正10(1582)年2月のことである。



106 名前: ◆fFI82Sjg3c[] 投稿日:2014/04/12(土) 01:14:06 ID:LmvNAnLA0


翌年に一行はゴアに到着。ヴァリニャーノは職務のため同地に留まらなくてはならず、
伊東マンショをはじめとする4人に安土セミナリヨの教師を務めていたディオゴ・デ・メスキータをつけて、
ヨーロッパに送り出した。



                , r==ー-
         , -─‐メx
       /     ´⌒ Y⌒ヽ
      ,ィ´/-‐/,/ / /l!⌒ヽ \
 // / /゙´ /∧/ / / l\  \ 〉、
 〃 / //^/∧// l/|  |  ヽ`ヽ、 `ー - 、                   マ=ィ=x、
 j!   ル'´/〃 //'⌒ ト l  |    Y ヘ`ヽ、\ \                     マ=/ /  \
  / / /レ'/ィ行ト、  ヽト、   リ 〉  ! \ヽ 、                マ=/ /  ,/=マ
 /∧ ヽ.r∧k| 弋ソ    ィ行ト、 〃j /`ヽj、  〉ハ 〉               ノ/  /=マ
 ! l ∨ j{  ゙ム""   , 弋,ソ /人//!ヽ. ハハ /                     /><.>'=マ
    ソ乂._八   (`ヽ  ""/乂   ヽ.} /)イー ─ - - ─-----─ァ⌒j/></
       ∠\\ _´ ,... イ\.::`ヽ. ,ル'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:〃 ,不ヽ>ーゥ       _
      j´.:.:.:.:`\`Yヾ-x、.:.:\ヽ.:.:レ'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: jl/><(ヽY´      '´ ,==ヽ
      人.:.:.:.:.:.:.:.:.:`{{、}}ノノ.:ヾノヽ 、_.:. -‐―ー--――――゚、.:/></一 '     | l  i゙゙゙゙゙'''il |
    {.:.::` ー.:.:_.:.Ⅶノハヾx..:く´ \、                 /></         0ノリ(l|゚ ヮ゚ノi、0
     乂.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄`ヽ.:))::゛::ヘ   ヾ、          /></         -=='==-)芥i-=='==- ,
     入.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: \():.ノ   \、 ........_    /></            i´ ̄`i't‐t'i´ ̄`i-==-
       ヽ:.:ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`\  ,ィ'´ x‐。 ヽ /></           r―`ー ヽ'´ ̄ ヽ/ ‐'  |
        ∨ヽ.:.:`.:‐.:、...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\i/  ゝィ  /></             |   |   | ◎YA |    |
         ∨ ',.:.:.:.:.:.:.:^.:ー-.、.:.:.:.:.:.:.:.:.:\   X./></           _  /ー'、  / 、_ ノ、  /i」、
        ∨j.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ():.ヽ、.:.:.:.:.:.:.:.:゙</></ ||         '´/、 ヽヽ             _
          ∨.:.:.:.:.:.:.: ,xr<゛  \.:.:.:.:.:.:.:.:.:X >   入_,、      i ((eヽe)i           '´    ヽ
      , <.:∨.:.:.:,x/       `>、゚。.:.:,//⌒又    ノ     ノ (l|´ヮ`ノl、          l i l_iハ_i l
     <.: /.:.:.:.:.∨://       。 く./X ヽ.:」厶    ㍉ ィ"     '(( f(つつ )         | (ト!゚ -゚ノl'
      /.:ヽ、.:.:.:.:ト.ィ′     (o、/><></ ゚ \   了     \lillilillilillilillilt\   、'iiii==○)≡lU|
    〃//\.:.:.||j      `ヽヾx´/ ゚、 。 /ゝ、 孑        |  ̄ \/ | ̄       ノ_l_`ー'`- 'ヽ
   ∧/.:.:.:.:.:/\!!!          ヽo)   \ /   `'        _j  _/\_ ヽ_         (_,ヘ_) _j

        ↑ 伊東マンショ 永禄12(1569)年生れ               千々石ミゲル
           日本出発時14歳                  ↑ 原マルチノ     中浦ジュリアン



1584年、ポルトガルに到着したマンショたちは、そこからスペインを経由してローマに渡り、
1585年3月にはローマ教皇と最高待遇で謁見し、日本のキリスト教徒への援助も約束された。
謁見後は旅した各地で大歓迎を受け、ヨーロッパに日本ブームを巻き起こした。



107 名前: ◆fFI82Sjg3c[] 投稿日:2014/04/12(土) 01:15:34 ID:LmvNAnLA0


上々の成果をあげて帰国の途についたマンショたちは、
ゴアでヴァリニャーノと合流。
天正18(1590)年6月に一行は日本に帰国、再来日する。



             (´⌒`´⌒`´⌒)
             |        |
             |_______| _
           (⌒ヽ  ⊂つ ⊂つ\ヽ     久しぶりの日本だね
          (    )  l _ l   |)
           (   ノ:::::::)(_)(::::::|ノ      みんな元気かな?
           `ー´   ___  ノ
        __  \  )\_/ (ノ
      . i⊂⊃i   \_____/
        |   |-―――┴┴――-、__
      /!___|             /ヽヽ、
    . l´                 (0) ( l
     |::::::               /ヽ ,´ ̄ヽ
     |:::::::               ヽ/ ヽ_/
    . |:::::::,-‐-、          ,-‐-、 .  ,i
      \_| ○ |______| ○ |__/
        `‐-‐´         .`‐-‐´



なお、前述の活版印刷機は、この時に持ちこまれたものである。



108 名前: ◆fFI82Sjg3c[] 投稿日:2014/04/12(土) 01:16:06 ID:LmvNAnLA0


ところが……。



    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       l:::i l:::|::::lヾ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::┌::ソノ
      ∨ l::::l::::l:::\::::"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ::::/    ん? ヴァリニャーノだって?
         \|\!\  ′          ∨
          ヾ ヾ 、    ‐-    ,   ゝ、
              `  、      , ′  /  \_
                  ` ー <  /´    /::::: ̄`ー-
                   _ノ´∧_∧    /::::::::::::::::::::::
              :::::´ ̄/ /〈::ヾ∧    /:::::::::::::::::::::
              :::::::/  / ノ::::〈 ヽ  /::::::::::::::::::::



109 名前: ◆fFI82Sjg3c[] 投稿日:2014/04/12(土) 01:17:09 ID:LmvNAnLA0


              _,,,..-.ー.─.-.-....、._
         二ヽ,,..::"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:..、
       /::::::::``:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::ヽ
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ:::::::::::ヾ:::::\:::::::::',
     /:::::::::::::::i:::::i!::::::::::::::::ヾ:::::,,∠,、_:::::\::::\:::::',
     i::::::::::::::::!:::::i i:::::::::l::::::::イ\\\:::::::::\:::\::',
     l:::::::i::::::::!::::i,,ゞ;::::::::i:::::::::l  >≧r、\::::::ヾ\_::>    ああ……
     l::::::i!:::i::::l;/i ._,,\::::!、::::::l   辻ヾ〉 \:::ヾ)::::>
     i:::::ハ::::|::::l:::i〈`(ヘ\! \:',   ゞ-′  ラ∨/"´     ヴァリニャーノの名前は覚えているぞ
       l:::i l:::|::::lヾ、 弋i;) ヽ  \      ┌::ソノ
      ∨ l::::l::::l:::\ "           ヘ::::/       だけど 遣欧少年使節って 何のことだ?
         \|\!\  ′          ∨
          ヾ ヾ 、    ‐-    ,   ゝ、
              `  、      , ′  /  \_
                  ` ー <  /´    /::::: ̄`ー-
                   _ノ´∧_∧    /::::::::::::::::::::::
              :::::´ ̄/ /〈::ヾ∧    /:::::::::::::::::::::
              :::::::/  / ノ::::〈 ヽ  /::::::::::::::::::::



日本の天下の様子は、ヴァリニャーノの離日前から一変していたのである。



<番外2 その後のイエズス会>おわり



110 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/04/12(土) 01:19:47 ID:zLeu3oyE0

乙です
少年使節四人の末路を知ると暗い気持ちになる



111 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/04/12(土) 01:21:27 ID:lkEK.1fs0

本当にビックリだろうなぁw

戦国時代とはいえ、コロコロ政権変わりすぎw 投下乙でした!!



112 名前: ◆fFI82Sjg3c[] 投稿日:2014/04/12(土) 01:22:34 ID:LmvNAnLA0



───── 次回予告 ─────



113 名前: ◆fFI82Sjg3c[] 投稿日:2014/04/12(土) 01:22:59 ID:LmvNAnLA0




           逆

           境

               と

           は

           │
           │
           │
           │
           │
           │



114 名前: ◆fFI82Sjg3c[] 投稿日:2014/04/12(土) 01:23:20 ID:LmvNAnLA0


             !:::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.  |::::::::::::::::::::.:.:.:l
ざっつぁつぁっつぁ~::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l   l:::::::::::::::::::.:.:.:l
            ',:::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.   l:::::::::::::::ざっつぁつぁっつぁ~
             ヽ:::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:l   l:::::::::::::::::.:. !
               i::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.: l     l:::::::::::::::.:.:l
              l::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l    l::::::::::::::.: l
  ざっつぁつぁっつぁ~::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. l    |::::::::::::.:. l
          ――' 、::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:l     l:::::::::::.:. l
        / ´  ̄ `  、 ヽ::::::::::::.:.:.:.:.l.    l:::::::::::.:. l
     / .ィ≦≧=- 、   、 ヽ.:.:.:.:.:.:.:l.   /:::::::::::::.:.:ヽ
      l<///////////ヽ、  ヽ `ヽ.:.:.:.l  〈::::::::::::::::::::/ ざっつぁつぁっつぁ~~~~~~~~!
.      !//////////////ヽ  ヽ  \:l   l- ´  `Y
       V///////////////ヽ \  l!   |     ',
.        \///////////////\ ヽ l   l     ヽ
        ` <//////////////>、 }!   !` ー― 1
            ̄`  <////////V   ` ー― ´
                  ` ー- ´



115 名前: ◆fFI82Sjg3c[] 投稿日:2014/04/12(土) 01:23:52 ID:LmvNAnLA0


    |┃   じゅべべべべんっ!
    |┃                         ミミ彡彡彡彡彡_,,,..::ソ
    |┃          ヾ、ミミミミ彡''" ̄ ̄"""'''''''ヾ─=:;;三三三彡彡''
    |┃三        _ ,/ミ;;/    ...      ,ヘx∠=彡彡彡=ー''-
    |┃.      ,;;'ミミミ;/ ヘ/    .:::___,,.-彡ミ彡彡ミ彡ミミミ≧;;、_
    |┃三     ミミミミi ./    /彡ミミミ彡二三三彡ミミ彡≦-= ‐ =ミ;、
 ガラッ.|┃    .,_彡''"=彡l/    /ミゾ==≧ミミ彡ミ彡ミ彡ミミミミミミミ=;;、  "'
    |┃三   ,;"'≧二=====彡彡'',.==三-ミミ彡ミ彡ミ、彡彡彡彡彡ミミミ=、
    |┃      ゞミミミ三彡彡彡' 、ゝ_シ  /;;;;;:::'ヾミ彡ミ彡彡彡ニ='' ;' "'ミ';,
    |┃       ≧三彡彡彡ミ  ,."ー ‐´'''     il! ̄`ー孑_T´,,;彡    ';
    |┃   `"''ミ彡彡=;;''=''l'.:.:jハミミ,,''"ノノ        `>   {ミ彡彡彡       尼子十勇士筆頭!
    |┃.     `ラ彡ミ/ハゞ=' ハミミミ彡' ,      /   /ミミミく'"  ,,;'
    |┃三   ,.-'彡彡ミ!l:.:.:| r'`l iミミ<,,ノ  ;,,___,;.  /ミミミミ彡彡'      山中鹿之介! 入ります!!
    |┃‐=≦彡彡彡彡ミ!ヾ= ゞ=' .}ミ彡彡"    ;;;;;;;;'   /ミミミミ{,,,.._
    |┃三 "''ミ彡彡ラミヘヾ_i';, l;;'; .|ミミミ=彡'´       ./ミミミミ-';";-
    |┃     、__,; 彡彡彡、ゞ !;ノ トミミ=彡彡' 、     /|ミミミ'''─''"´ ___,,,,,,,......::::
    |┃三    ""''''''''彡彡ミゝー/ ヽ"'''    "'' ー--''  .|ミミ彡=-''"二ニニニニニニニ二二、`ヽ
    |┃       ,,=彡彡ミミ彡|  '';,_,,,..:::-────‐+-;                  ,.-''"
    |┃ _,,.:::=-───'''''"""ニ-‐''":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:'.'.'.'...... ∧           ,,..-──''"
    |┃''"'',,.二- '''""""""" ̄ |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.''' ∧,,
    |┃''"           ,,;/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.''' ..... ∧;;'';;,  
    |┃                                       








      :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          |l |  l  |:::::::::::::::::::::::::::::::::,ヽ |ヽ|
           l  | | '     丶   '' '∧.│ l|
           ヽ├N、   ー‐'   ,ノヒl |      …………
             〉Lヾ,|ニ>, 、__ ィ1、┤┼、
         / l  Y  │  l  ∀ ̄.l l
           l  l /`_,┤  ト、  l  l  l
         l   l_ '-´フ  l  l ヽヽ' l   |
        /   l | 〈   V  /  Y   l
          l   |.│   \ ヽ、〃   |l   |
       /    |人    \ヽ     ノ|   l
        /    l| ゝ     ヾヽ  ハl     ヽ
       l     l  l  〇    〇l  l |       l
     |     | /        | ハ|     l
    │     l l         | / |     |
      |     | |   〇    〇|/ │       l
    レ=二=、 l  |         |   |l /ニ、│
__(二_(二_)'_|_______|___lr二_´Y´`ュ_、____



116 名前: ◆fFI82Sjg3c[] 投稿日:2014/04/12(土) 01:24:19 ID:LmvNAnLA0


\     . /                             /
<   ヽ ┌┐ .... ‐┼‐丿──           ...| |   ..>
<   -┐├┘   ├┐ 丶 /  ヤ--|-、     | |   ..>
<    │.├┐   ││  X   . ヽ  ノ ー─、 ..| |   ..>
<    人.└┘   ノ .│ /  \   ヽ     _ノ o o  .....>
<      ̄ ̄ ̄                         ....>
/∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\
          / __    .::  \ ..___,ィ'゛ ヘ、`ヽ、
        /" ̄.._フ   :::ヘ.    、`.‐--─-、_ \. ハ
     __,.-‐'´_,-‐' ̄    ,ィ' :: λ    }.     ::\ ̄`\j
 ,ノ'"´__,'        / /゛`"´| ∨   | ヘ     :::ヘ    ヘ、
   ̄ ̄j / ::/     .::|、./     | ∨ |\l ,、   :::ハ   ハ
    {:,' .:i   ,'::::| :|\     |  |  |  ∨ ト、   :::|  、 ヘ
    |'  .;|   |::::| .| __\、__,|  | _|_,∠|_ |_ \  ::!  |\ ヘ
     ノ ,/|   |::::;| .|ヤテ弐ォ、゛|  | ./ ,ィチ|,/マ戎.\ ::   |  \|
    / ,/ |   |:::/|/、 (::ん':;j ..:|:. :j/:. ',{::ん';;} ,,'  ,ハ、   |
   '"´   |    {::/ハ  `-‐~"´   ,   `ー-~'´  ,'-‐∨ |
        _| λ |;' ュ.}           __,.-‐v‐、    {τ、}∨ j__
      〈::|/::∨ |:`ーj     r::-‐'"     }     }-‐'ヾ::|/::::ハ
      ∨:::::::ヽ|:::::::ヽ、   {:::          j   /:::::::::::}}:::::::::::}
      ,r`-‐-.、_:::::::::::_;>‐ゝ、__     _,ノ-<::::::::::::::;r|j‐-、:/
    _/      `ー'´/`ー-、__j:_`ー-‐'"_{;-‐'´`トヘ‐'" /'   `ヽ、
    / ヽ、   ',    {   ,r'  `l__/'^ヽ、  /    .,     ヘ
  /    `ヽ λ.:;   ヽ、/   ! o 〉   \/   ヾ/      ヘ、
  〈,イ´`ヽ、   ::/         ,  〈          /   _,,/´`ヽ、〉
  /     `ヽ,ィ´ ̄`ー-、__     j o ,〉___,.-─‐ュ_/r-‐'´       }
 /  '´ ̄ ̄゛`──-‐‐'´ ̄ ̄ ̄ ̄      ,r-‐'" ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ  j



117 名前: ◆fFI82Sjg3c[] 投稿日:2014/04/12(土) 01:24:50 ID:LmvNAnLA0


                                           思
                                           う
        、〈   ヽヽ  _∠二二/     >‐<   \\\           よ
          \  < ̄`\__∠__  //⌒ヽ\,∠\\\         う
        ー-、≧_∠\  \ |\    ̄`\   Y∠‐二\\      に
        \         ̄\  ヽ |      \//    二           な
        ヽ \__        j>‐-、    \.  //  /         ら
        \ー┴─'     /イニニ二\___   ∨/  〉       な
          `>┬─ トー‐'´  i{{〈 句 `Ylト<__, ヽ  >         い
        \//__」 ̄´ | 〉    u u \_ノ人、二/  二二ニ        境
        __>'/ ト、       lj     ト‐</7/ \     〉       遇
            | | ヽ`ー──‐-、ト、>─'//    l   / >         や
        >ー,ハ | `^¬─‐‐、∧__/// 0 0  ト 二二ニ
         ̄ン ヘ |      __ト、_レ'´// 0 (リ 0 / / <
        /  ハ |     / \__/{ {  0 0 /l l/  │
        、__/ ハヽ    /  、__,∠イ〉〉、   //∧   ∠   …………っ!!
  不     、__// ,ハ Vヘ_/     ̄/'ノ// ヽ√|l\\  /  
  運      \_//ハ {    ̄¬‐'ン///  /l |∧\_//
  な     // `7イ/ { `ー---‐'´ /'/  /|lイ|\\///〉
  境     /  /   /ゝ、_____ / //  /イV \>  /  \
  遇     _/    ヽ └---─‐7/  /     /     / / 〉
  の             ∧        |_|_」  /      / /   ×
  こ           /{ |           /      / ///
  と     、   / l |        /       / ///
  を     ヽ   ∧  ヽ `ー─一'了 ̄>、       / ///
  い     '/  / 丶  - - ─ ‐ノ /  /\ ////
  う
 !!



118 名前: ◆fFI82Sjg3c[] 投稿日:2014/04/12(土) 01:25:19 ID:LmvNAnLA0




           『 誠 の 太 閤 立 志 伝 』

           次回<その15 タイトル未定>

               4/20(日)投下予定



119 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/04/12(土) 01:28:35 ID:lkEK.1fs0

あららw 次回楽しみにしてます!!



120 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/04/12(土) 01:40:01 ID:sMsivLMk0

乙です。

宗教はねぇ…話し合いで分かり合えるもんじゃないからねぇ。



122 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/04/12(土) 04:39:24 ID:JHY0i37.0

>104
林信勝の後ろ姿・・・
お前はまさか(涙目)



123 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/04/12(土) 07:29:44 ID:.iNzaKio0

乙乙! 同時期のほかの地域とはまるで違う別天地だな、日本のキリスト布教って



124 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/04/12(土) 08:30:41 ID:xg5pzVGc0

>>123
ホントだよねぇ・・・
南米じゃインディオたちは人間扱いされなかったんだぜ?



125 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/04/12(土) 08:38:27 ID:1hX.JYts0

>>123
それもそうだが、むしろ宣教師たちの日本に対する柔軟な考え方の方もすごいな。
さすがに命がけで世界中に布教をしようとする集団は、それだけの考え方を持っているわけか。



126 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/04/12(土) 08:49:31 ID:Z4UPJBZE0

>>104
これが後々、理念をまげて僧形になってでも儒学の普及と権力のバックアップ
獲得に勤めるのにつながったのか



127 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/04/12(土) 09:49:34 ID:HlzTzL3I0

乙ー
よく言われるけど、日本のキリスト教伝導は最初に最高の人材が来ちゃったからなあ



128 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/04/12(土) 10:32:25 ID:OxM1xnzE0

乙です

宗教に限らず、何を言ったかより誰が言ったかが重要視されることって多いよね

>>124-125
つラス・カサス 「インディアスの破壊に関する簡潔な報告」
他の地域にもいろんな司教がいたんだよ



129 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/04/12(土) 10:46:08 ID:HlzTzL3I0

ただ、それらの地域ではそちらが主流派になることはなかったんだよな



130 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/04/12(土) 10:58:02 ID:OxM1xnzE0

>>129
一応、ブルゴス法を経て、エンコミエンダ制の世襲反対、
インディアス基本法の成立と、原住民の待遇は改善されてるよ

エンコミエンダ制の否定に関してはラス・カサスが大きな役割を果たしてるから、
主流になれなかったというのはちょっと疑問

結局、教皇のピウス五世もラス・カサス路線での公式見解を出してるし
(ラス・カサスの死後だけど)



131 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/04/12(土) 11:18:46 ID:HlzTzL3I0

トップの意見が必ずしも主流派・多数派とは限らないのが人間社会のどうにもならないところ
(この件がそうだというのではなく)



132 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/04/12(土) 11:32:14 ID:SmRffDmQ0

おつかれい
ルイス・フロイスは彼も彼で誇張癖があるという認識はされていたようだけど、
まぁそれでもこの惨状よりはマシだったんだな



133 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/04/12(土) 17:17:40 ID:.iNzaKio0

中国じゃそもそも布教どころか入国すら困難。中東なんか問題外。インドも布教は御察し状態。東南アジアも以下同文。中南米は上からの強制不可避。
日本って特異点やね。

>>128
正しいかどうか判断できるのは難しいけど、その人の判断は正しいと信じられる人の判断に委ねるのは仕方ないね



134 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/04/12(土) 17:27:54 ID:tnsSaBCs0

乙でした
ザビエルとヴァリニャーノは素晴らしいわ

ザビエルって名前だけなら誰もが知ってる有名人だけど
どんな人かはあまり知られてないよね



135 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/04/12(土) 19:46:47 ID:dkY5gXgw0

面白いなあ
ザビエルとかヴァリニャーノの聖人っぷりを見ると日本もキリスト教の国になっても良かったかな・・・
なんて思っちゃったりするのもヴァリニャーノが言う「極端に走る」欠点なんだろうか



136 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/04/12(土) 20:12:02 ID:ouW/vKwc0

乙でした
ちなみにイエズス会ってヨーロッパじゃ陰謀めいた存在って感じなんだよな
手段選ばないっていうか
現地の文化に合わせるやり方が評判悪かったらしい



137 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/04/12(土) 20:41:51 ID:HlzTzL3I0

>>136
その意味では、カブラルは例外じゃないんだよね



138 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/04/12(土) 20:45:54 ID:1hX.JYts0

>>137
むしろ カブラルが、当時の欧州の常識的な考えでしょ。
おそらく9割近くの人はこれだったと思われ。



139 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/04/12(土) 21:05:52 ID:ouW/vKwc0

>>137
むしろカブラルがヨーロッパの価値観にあってる
現地のやり方に迎合してキリスト教のやりかたを歪めるというのが当時は非難されてる



140 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/04/12(土) 21:06:06 ID:khn6EbMw0

カリフォルニアロールやミートローフ寿司を見て
「だから外人には寿司の味なんかわからねーんだよ」と言っているのと根は同じだからね



141 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/04/12(土) 23:00:20 ID:.iNzaKio0

キリスト教だけじゃなくてどこの宗教でも現地化は本土からしたら嫌われるから仕方ないね(正しい教えをわざわざ自ら歪める行いだから)
共産主義も現地化問題で内紛してるのは笑うしかないけど



142 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/04/12(土) 23:06:12 ID:HlzTzL3I0

それいったらカトリックが原始キリスト教から離れたシロモノになるんだけどね



143 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/04/12(土) 23:21:51 ID:q6FXIjxU0

そもそもキリストが活動したのも欧州じゃなくて中東だからなあw



144 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/04/12(土) 23:33:37 ID:ouW/vKwc0

そりゃ原始キリスト教の頃と違って「これが正しい」というのを歴史的に積み重ねてるからね



145 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/04/12(土) 23:40:05 ID:OxM1xnzE0

スレを見てキリスト教に興味を持った読者の皆さんへお勧め

筑摩書房『仁義なきキリスト教』架神恭介・著
ttp://t.co/QT1Qxl8Emg

「おやっさん、おやっさん、なんでワシを見捨てたんじゃ! 」
イエスの活動、十字軍、宗教改革……。キリスト教二千年の歴史が果てなきやくざ抗争史として蘇る!
「あいつら、言うてみりゃ人の罪でメシ食うとるんで」



146 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/04/12(土) 23:50:30 ID:HlzTzL3I0 [6/6]

>あいつら、言うてみりゃ人の罪でメシ食うとるんで
クッソふいたw
まさにその通りなんだよなあw



元スレ:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/12973/1396097882/
関連記事

テーマ : やる夫系
ジャンル : その他

tag : 豊臣秀吉 伊藤誠

amanatu.com
amanatu.com

最新記事

ヘッドライン

コメントの投稿


No.1686 名前:どこかの名無しさん 投稿日:2014年04月15日 19:49 編集

宣教師が奴隷貿易してれば、そりゃ日本から排斥されて当然でしょ。
最初が最高だったというのは言い得て妙だよね。

No.1690 名前:どこかの名無しさん 投稿日:2014年04月19日 19:25 編集

>No.1686
奴隷の売買そのもが、当時日本も欧州も普通の感覚だったやんか
本能寺の変が1582年、リンカーンの奴隷解放宣言が1862年やぞ?

No.1700 名前:どこかの名無しさん 投稿日:2014年04月22日 21:16 編集

>>No.1690
普通の感覚なら、施政者が不愉快に感じても受け入れるの?
秀吉の判断は先見の明があったってことじゃんか。

どう考えても外国船に日本の婦女子があられもない姿で繋がれ
積まれていくのは不愉快でしょ。

そして隣人を愛せというカトリックの教えとも矛盾してるしね。

No.1907 名前:どこかの名無しさん 投稿日:2014年09月27日 19:20 編集

羅山は前言ってた二代目やる夫か

No.2553 名前:としあき 投稿日:2016年12月19日 00:32 編集

インディオが人間扱いされなかったというのは微妙に間違いです
スペインに征服されたインカ帝国は反乱に次ぐ反乱の中でスペイン王家へのコンタクトに成功し
支配領域の中でほぼ唯一の非白人貴族としてある程度の自治権を得ることに成功しました
インカ皇族十二家はそのままスペイン貴族になったのです
非公開コメント